fc2ブログ

若き才能が炸裂!アイルランド音楽のバンド、Dé Domhnaigh(ジェドゥーナ)

昨日思いがけずタラの丘(Hill of Tara, Co. Meath)へご一緒した、ケルトの笛奏者・ぱとりさん。帰りの車の中でぱとりさんが所属する大学生4人組のアイルランド音楽バンド、Dé Domhnaigh(ジェドゥーナ)のCDを聴かせていただいたところ、伝統音楽かと思いきや、その枠を超えた新鮮かつ斬新なメロディにびっくり。
久しぶりに音楽を聴いて、鳥肌が立つような感動を覚えました。

DéDomhnaighCDs0822
CDジャケットもとても素敵。タイトルはいずれもアイルランド語で、「旅」を意味する「Turas」、「始まり」を意味する「An tús」。全曲オリジナルです!

普段好んで聴く音楽は80代歌謡だし、子どもの頃にお稽古事でピアノをかじったくらいで楽器の心得もない私には、アイルランドの伝統音楽ってどれも同じメロディーに聴こえてしまい、聴きどころというのか、盛り上がりどころというのがイマイチつかめないことが多いんです。パブで演奏しているのを見たり、演奏に合わせて踊るなら楽しいのだけれど、ただ聴くだけとなるとなかなか入り込めなくて…。
でも、コンテポラリーなアレンジを加えたルナサ(Lúnasa)や、エスニックな要素が混ざり合ったリバーダンス(Riverdance)は大好き。ジェドゥーナはまさにその路線で、アイリッシュ・ミュージックを土台にしたオリジナルの世界感が炸裂!すっかりファンになりました♪

DéDomhnaighCDs08222
ディスクのデザインもめちゃくちゃカッコいい。ケルト十字と、曼荼羅みたいな文様にウサギがいっぱい(ウサギ好きには嬉しい♪)

バンド名の「Dé Domhnaigh(ジェドゥーナ)」はアイルランド語で「日曜日」の意味。演奏は「月曜日」っぽいパワフルさだけど、楽曲作りのプロセスはきっと「日曜日」感いっぱいの楽しさなのでしょうね。

DéDomhnaighCDs08223
ぱとりさんのサインをいただきました。アレンジされた笛の絵が、ちょっぴりラウンドタワーにも見える(笑)

すっかりお気に入りとなり、自宅でもBGMにかけさせていただいています。
ぱとりさんの大学生活も終わりに近づきつつあるとのこと。社会人になっても音楽を続けていくのはなかなか難しいことのようですが、アイルランド伝統音楽のミュージシャンはセミプロが基本。若い才能をますます花開かせて、今後もびっくり&鳥肌モノの音楽を作り続けていただけたら嬉しいです♪

DéDomhnaigh(ジェドゥーナ)のアルバムはCDは枚数が少ないとのことですが、デジタル配信されています。
★試聴・ダウンロード→こちら
★Spotifyでも配信→こちら

ファーストアルバムの「Turas」はさわりだけYouTubeで視聴できます。↓



ジェドゥーナ公式Twitter
https://twitter.com/ddomhnaigh​​

DéDomhnaigh(ジェドゥーナ)公式instagram
https://instagram.com//de_domhnaigh​​

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ