fc2ブログ

もしも、旅行中にコロナに感染したら…?

アイルランド入国時のコロナ関連書類の提示義務が全撤廃されて早4ヶ月。日本からの渡航者も徐々に増えていますが、それに伴い、旅行中に新型コロナを発症する事例も多くなっています。
楽しい旅行に水を差すような話は出来ればしたくないのですが、これがパンデミック禍の海外旅行の現実…。
アイルランド滞在中に新型コロナに感染した場合はどうすべきか、ご質問やお問い合わせをいただくことも多くなっています。自分の覚えとしても、そうなった場合に参照すべきアイルランド保健省(HSE)のサイトをこちらにまとめておきますので、参考にしていただければ幸いです。
(今後変更されることも予想されるため、あえて日本語に訳すことはせず、大事なポイントのみ日本語で記載しますね)

●新型コロナの症状とは→Symptoms of COVID-19
・顕著な症状は、高熱(38度以上)、乾咳、倦怠感。
・症状が出たら、たとえ軽症であっても発症から48時間、もしくは症状が完全に消えるまで自主隔離する(部屋から出ない)こと。
・周囲に人がいる場合はマスクを着用すること。
・症状が悪化した場合に受診すべき医療機関のリストあり。

●PCRテストで陽性反応が出た場合→If you get a positive PCR test result for COVID-19
・発症した日、もしくは陽性反応が出た日を0日目として、7日間自主隔離する(部屋から出ない)こと。
・7日間の最後の48時間に症状がなければ、隔離をやめて良い。軽い咳や味覚障害は数週間残るため、そのような症状が残るのみであれば隔離をやめて良い。
・隔離後3日間は医療用マスクを着用し、他者に感染を広げないよう特に注意を払うこと。

※現在アイルランドでPCR検査を受けなくてはならないのは、55才以上でワクチン未接種の人及び、基礎疾患のある人のみ。そのほかの人は抗原検査キット(HSEより郵送してもらえますが、当時の薬局で安価で購入出来ますのでその方が速いです)で自主検査し、陽性になったらオンラインでHSEに通達することになっています。→Report a positive antigen test
よって上記の記載は、「抗原検査で陽性反応が出た場合」にも当てはまると考えて良いと思います。

旅行者が自主隔離する場所はホテルなど滞在宿泊施設の部屋ということになりますが、同じ宿泊施設または同じ部屋に継続して滞在できるかどうかは空き状況にもよるでしょうし、食事や必要な医薬品の調達をお願いするなど、宿泊施設に協力をあおぐ必要が出て来るのではないかと思います。

日本も新規感染者が増加していると聞きますが、アイルランドも先週から今週にかけて増加傾向にあり、それこそシラミ潰し的に周囲の未感染者が次々感染しています。この期に及んで未だ感染経験のない私は、もはやゴキブリか、珍獣か。(笑)

周囲の感染例を見聞きするに、最近の発症傾向は、咳よりもインフルエンザレベルの高熱が出ること。抗原検査キットでの自主検査は発症直後は陰性が出ても、翌日以降の再検査で陽性に転じることが多いので、その点も注意が必要です。
発症したら、たとえ検査結果が陰性でも感染している可能性大なので、症状が続く間は自主隔離することが大切ですね。
それをせずに市中で感染を拡大させてしまう人が多いことが専門家により指摘されていますので、旅行者の皆さんもガイドラインに従っていただき、当地の感染拡大防止にご協力いただけることを願っています。

ちなみに、未だ撤廃される気配のない日本への出発72時間前のPCR検査についてですが、陰性証明を発行してくれる検査機関の一覧はこちら。
アイルランド出発前72時間以内に受検し、取得する必要のある新型コロナウイルスの陰性証明の検査機関について(在アイルランド日本大使館のHPより)

そのほか、普段は入らないんだけど…という方も、海外旅行保険には必ず加入しておくといいですね。通訳サービスなどのサポートが受けられるのか、滞在先や期間を変更・延長せざるを得なくなった場合の費用の保険対応がなされるのかなど、コロナに感染した場合の条件や内容を事前に確認しておくと良いかもしれません。
そして、旅行前・旅行中は快食快眠を心がけ、よく笑って免疫アップ。さらには、発症しても軽症ですむように体力維持に努めるべし、といったところでしょうか、考えられる対策は。

明日からいよいよ団体ツアーのご案内が始まります。ゴキブリ、珍獣の私とて、この状況ではいつウィルスの餌食になるかわかりませんから、とにかく日々楽しくゲラゲラ笑い、身体を鍛えて体力アップに努めるよりほかかないですね。
これから渡航される方、すでにご旅行中の方、どうぞ安全で楽しいアイルランド旅行を!

brittasbayscenary0722
気温が上昇した週末のアイルランド。昨日はダブリンでこの夏の最高気温27.7度を記録したそうです。ああ、熱中症になりそう…(って、猛暑の日本にいる皆さんに怒られそう!笑)。写真は週末のブリッタス・ベイ(Brittas Bay, Co. Wicklow)にて
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ