FC2ブログ

メイヴ・ビンチーの『ライラック・バス』

アイルランド人のベスト・セラー作家メイヴ・ビンチーMeave Binchy)。
おとといの夜、彼女の初期の作品『ライラック・バス』のTVドラマがRTÉで放映されているのを見てなつかしくなり、久しぶりに小説を読み返しました。

lilacbus
(ハーディング祥子訳・青山出版社)

この『ライラック・バス』が、私が最初に読んだビンチーの作品。
日本にいるお友達が「ナオコちゃんのいるアイルランドの人たちも、私たちと同じようなこと考えて暮らしてるのね~」と翻訳本を下さったのがきっかけでした。

それ以降、ビンチーの鋭い人間観察や心理描写、どことなくユーモアのある描き方、テンポのいいストーリー展開、そしてロマンス小説っぽいのにオチはいたってホームドラマ的なところ…がとても気に入って、他の長編小説も次々に読破。
ビンチーの作品は日本語に訳されているものも多いし、原書で読んでもさほど難しくありません。

ダブリンの知った地名が出てくるのも魅力のひとつ
自分が暮らしている街が舞台だなんて、なんだか私の生活までドラマチックになったかのような気分~
ある小説では、私の住まいのすぐ近くにオフィスを持つビジネスマンが、主人公の女の子をだまして貢がせた挙句にスペインにトンズラ。「あのオトコ、見かけたらただじゃおかないぞ~」なんて気分になったりしてました。(かなり影響されやすいワタシ)

『ライラック・バス』は、ダブリンからラスドーンというアイルランド西部の町(架空)へ同名のバスに乗って毎週末に帰省する8人のお話
ある週末のことが、章ごとに8人それぞれが順繰りに主人公になる形で描かれています。
同じバスに乗り合わせる8人ですが、その日常や心の動きはさまざま。
ケチで悪名高いナンシー、不倫に悩む育ちのいい娘ディー、ちょっとウザイけれど人のいいジョーク好きのミッキー、母のアル中に悩むセリア、ハーブを育てている魔女っぽいジュディ、ボーイフレンドと暮らすゲイのルパート、姉の病気を人知れずサポートするトムなど…。
章が変わるとみな脇役になるので、それぞれの価値観や生き方が、別の目からは微妙に違って描かれているのが、この小説のなんともユニークで面白いところです。

『ライラック・バス』は84年の作品で、TVドラマ化は90年
登場人物の服装や髪型(ドラマでは小説に忠実にこの特徴を捉えていて感心しました)、アイルランドの経済事情などはかなり古ぼけているものも、中味の方は今もって新鮮。
時代は変われど、人々の心象風景や日常生活、悩み事の質や内容というのは、案外変わらないものだなあ、としみじみ思いました。

その後の作品に比べるとドラマチックさには少々欠けるものの、ビンチー小説の王道とも言える作品で、私はとても気に入っています。

RTÉが『ライラック・バス』の再放送をしたのは、昨晩のビンチー原作の新作ドラマ『Anner House』放映の伏線だったようです。
南アフリカのケープ・タウンを舞台としたドラマで、主人公の女性が同名のゲストハウスを開くお話なのですが、なんとドラマの通り、Anner HouseのHPが実在するのには驚いた!
残念ながら、ホテルのブッキングは出来ないみたいですけどね~。

関連記事

コメント

honyomi-world

ライラック・バス
ライラック・バスは、テレビドラマになってるんですか?
見てみたいな~~。
とてもいい作品で、大好きです。

naokoguide

honyomi-worldさんへ
小説もいいけど、ドラマもとっても良かったです。
DVDになったりしていないかしら?
探してみます。
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)
20時~・75分間・見逃し配信あり
詳細・お申込み→ こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ