FC2ブログ

イースター蜂起の記念式典

gpoceremony1

今日はイースター・サンデー

アイルランド人にとってのイースターは、キリストの復活祭以上の特別な意味を持つ日。アイルランド独立の先駆けとなった事件、1916年のイースター蜂起が勃発した日です。

ダブリンのGPO(中央郵便局)前にて今年も記念式典が行われ、約7000人の市民が集いました。
昨年の90周年のパレード&式典に比べると規模は小さかったものの、やはり蜂起が勃発した正午きっかりに、厳粛かつ華々しいセレモニーが行われました。

gpoceremony3
GPOにひるがえる半旗
gpoceremony2
整列するアイルランド国防軍の精鋭たち。あの中にメアリー・マッカリース大統領がいらしゃいます

国防軍の代表者(女性でした)が、張りのあるよく通る声で読み上げた「共和国宣言書」。1916年にパトリック・ピアースがここで読み上げたものと、全く同じ文面です。

Irish men and women...

で始まる有名な文書、このような場であらためて全文を聞くと、胸に迫るものがあります。<アイルランド共和国宣言書・全文

セレモニーの終了と共に、今年もエアフォースの市松文様がダブリンの青空を飾りました。

gpoceremony4
左下の尖った先端はスパイア

gpoceremony6
大統領ご一行様が退陣するところ

昨年、30数年ぶりに復活したイースター蜂起の記念式典。
91周年の今年は、北アイルランド・プロテスタント派の民主統一党(DUP)リーダーであるイアン・ペイズリー(Ian Paisley, 1926-)と、現アイルランド首相バーティー・アハーンの会談が先週ダブリンで行われた直後とあって、より平和的なムードが漂うものだったように思います。

蜂起で命を捧げたリーダーたちも、今日のアイルランドの様子を喜んで見守ってくれていることでしょう。

gpoceremony5
馬に乗ったお巡りさんをバックに記念撮影する人々

※過去の関連ブログ:イースター蜂起のリーダーたちが眠るアーバー・ヒル墓地

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ