fc2ブログ

お城のふもとのフレンチ・ビストロ、シェ・マックス

ダブリン城の入り口に面したフレンチ・レストラン、シェ・マックス(Chez Max, Palace Street, Dublin 2)。昨晩ずい分久しぶりにここでディナーをしました。

chezmax05226
いかめしいダブリン城の石の門とは対照的に、ここだけプチ・パリ♪

いっときこのレストランがお気に入りで、よく来ていたものです。ダブリンにまだレストランが少なくて、あっても高級なお店ばかりで、カジュアルにお茶したりランチしたり出来るところが限られていた時代のこと。(お茶するのもパブだった!笑)
当時はレストランと言えばフレンチが主流でしたが、こういうビストロ風のカフェ兼レストランはあまりなく、ここはとびきりおしゃれで気の利いたお店でした。ダブリンに居ながらにしてパリの街角にいるみたい~と、仲良しの女友達と夢心地だったことを思い出します。
過去ブログをさかのぼると、2007年に松井ゆみ子さんとここでディナーしたとあります。ブログのタイトルは「ダブリンでパリジェンヌになれるレストラン!」(笑)。
お店のHPによるとオープンは2005年。お茶やランチでなくディナーするのは初めて…と書いているので、オープンして間もない頃にちょくちょく来ていたんだなあ。
最後に来たのがいつだったか覚えていませんが、昨晩はたっぷり7~8年ぶり…だったのでは。

chezmax05222
店の裏手の居心地のいいテラス席にて。フレンチ・ジャーナル風のメニューも当時から変わっていません

やはりフレンチと言えば、フレンチ・オニオン・スープでしょう。最近のダブリンのレストランはアイルランド産の食材を活かした創作料理が主流なので、クラッシックなフレンチのメニューがかえって新鮮に思われました。

chezmax05223
トーストされたパンとチーズをたっぷり入れて…

メインディッシュはステーキを。90年代にフランスによく行っていた頃、町のビストロで食べる分厚くないステーキ&チップスが好きでした。ここのステーキはまさにその感じで、嬉しい。

chezmax05224
8オンスのリブアイステーキは、トロトロ&ジューシーなアイルランド産。やっぱりこの時期はビーフがおいしいですね(冬に脂をたくわえるので、春~初夏の肉はおいしいのです)

chezmax05225
ご一緒したお友達のカモ肉のコンフィもおいしかったとのこと。チェリー・ソースがたっぷり

オープンから17年、時流に左右されることなくクラッシックなカジュアル・フレンチを貫き、安定の味と評判を保つシェ・マックス。懐かしさも伴って、あらためてファンになりました。
ディナーが2コースで35ユーロ、3コースで40ユーロというのも、今どきのダブリンのシティセンターのレストランとしては良心的。
しばらくご無沙汰していたけれど、これからはまたちょくちょく来ましょう、と思ったのでした。

chezmax05226
デザートにはカフェ・グルマンを。コーヒーに数種類のプチ・スイーツを合わせたデザートをフランスではそう呼ぶそうです。マカロン、チョコレート&レモンのタルト、クレームブリュレをちょっぴりずつ♪
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ