fc2ブログ

「沈んでるパブ」ロチェス・パブと石焼ステーキ

「沈んでるパブ(sinking pub)」のニックネームで知られる路傍のパブ、ロチェス・パブ(Roches Pub, Co. Kildare)へ行ってきました。
ダブリンから車で30~40分、キルデア県ネース(Naas)近く。牧草地に囲まれた田舎道に、それこそ妖精の住まいかのような風情で忽然と現れる、知る人ぞ知る名物パブです。

rochespub022212
うわ、入口がかしがってる!右側に「沈んで」いますね…

rochespub0222
これで建物のサイズ感が伝わりますでしょうか。「小人の家」っぽいですよね(笑)

19世紀創業の田舎のパブらしく、店内もレトロな雰囲気満点。日曜日の昼間とあって、家族連れ、常連さんらしき男性グループ、若い男女…とあらゆる年齢層の人たちがランチをしたり、パイント片手におしゃべりに興じたり、TVでスポーツ観戦したり…楽しそうに集っていました。

rochespub02228
天上にチョークで名前を記すのがお決まりだそう。隙間を探すのが大変なくらいびっしり

rochespub022211
私もチョークを渡されましたがまったく届かず、カウンター内に入れてもらい、空瓶のケースを踏み台にして…

rochespub02229
なんとか「NAOKO」と書き記しました!真ん中ちょっと下あたり

パブの裏手にはグリル・シャック(The Grill Shack)というレストランがあり、地元で人気のお食事処でもあります。3年程前にステーキハウスとして増設されたそう。

rochespub02227
ログハウス風のおしゃれな建物

rochespub02223
巨木がそのまま店内に!

名物は石焼ステーキ。職場の同僚たちと総勢9名で大きなテーブルを囲み、じゅうじゅう音を立てながら運ばれてきたステーキをみなでがっつり食べました。

rochespub02222
フィレ、サーロイン、リブアイなどのステーキに3種のソース、サラダ、チップス付き

rochespub02226
私はリブアイを。熟成肉が主流の街のレストランとは違い、つい昨日まで近くの牧場にいたかのような野性味の残るフレッシュなお肉。トロトロの食感と、甘みさえ感じるアイルランドのグラスフェッド牛のおいしさにあらためて感激しました💓

レストランは要予約。少人数だったらこちらでオーダーしてパブのテーブルで食べることも可能なようです。
ダブリン近郊で田舎のパブが楽しめ、おいしいステーキも堪能できる良いスポットが発掘出来て嬉しい。きっとまた来ると思います♪

rochespub02225
3種のデザートをちょっとずつ盛り合わせたミニデザート・プレート。お皿が可愛い
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ