fc2ブログ

お気に入りのビストロ、カムデン・キッチンへ

レストラン激戦区のダブリンのカムデン地区で、かれこれ10年以上定評を保つビストロ風レストラン、カムデン・キッチン(Camden Kitchen, Dublin 8)。
パンデミックですっかりご無沙汰していましたが、昨晩友人たちと久しぶりにディナーへ。以前からお気に入りのレストランでしたが、肩の凝らない居心地の良さと、洗練された素材のチョイスとおいしさにあらためて感激しました。

camdenkitchen0122
シティセンターと住宅地の境い目あたりの路地にたたずむ、知る人ぞ知るレストラン

camdenkitchen01222
店内にかけられた白馬の絵が印象的。早い時間の予約だったので静かな時間に店内に入りましたが、食べ終わる頃には満席でした

camdenkitchen01223
スターターにはハドック(タラの一種)のコロッケを。付け合わせのシャキシャキ野菜のサラダとのコンビネーションが絶妙

camdenkitchen01225
メインディッシュはウィックロウ産のワイルド・ベニソン(鹿肉)を。ほかにロースト・ダック、タラ、ニョッキのチョイスがありましたが、テーブルについた5人が5人全員がこれを注文し、みんなで野生肉をモリモリ♪

お肉の下から、オレンジ色の分厚いホッカイドウ・カボチャ(日本のカボチャ)の輪切りローストが出てきたのもサプライズでした。こうした付け合わせ食材が通りいっぺんでないところも楽しい。

camdenkitchen01226
デザートはやっぱりチョコレート・フォンダン!ここのフォンダンは比較的軽めなので、がっつりメイン・ディッシュをいただいた後でもおいしく食べられます。ベイリーズ風味のアイスクリーム添え

今どきのダブリンで、メインディッシュがすべて20ユーロ代という値段設定も良心的。量も多すぎず、最後までおいしく食べられました。

ちなみに、金曜夕方に出された突然とも言える政府の「緩和宣言」により、昨日からレストランでのCovidサート(ワクチン接種証明)の提示がなくなり、営業時間も通常通りに。
入店するや否や、うわ~、ほんとにCovidサート見せてくださいって言われなかったね!と友人ともども感激。
そして、時短終了によりナイトライフが復活し、若者たちが続々と街に繰り出していました。私たちが食事を終えた頃はまだまだ宵の口で、さらににぎやかになりそうでした。
そうそう、パンデミック前のダブリンの週末夜はいつもこんなふうだった!今度こそ逆戻りすることなく、このままトンネルを抜け切りたいものです。

※過去ブログ→カムデンの知る人ぞ知るグルメ・レストラン、カムデン・キッチン(2014年2月)
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ