fc2ブログ

クリスマスの訪問① ローストチキンとジントニック

昨年に続き、今年も地方に住む友人宅にご招待いただき、楽しいクリスマスを過ごさせていただきました。
※昨年のクリスマス→友人家族とクリスマス・ディナー(2020年12月)

クリスマスのご馳走はターキー(七面鳥)かグーズ(ガチョウ)が一般的ですが、こちらのお宅は皆さんチキンの方が好みとのことで、クリスマス・ディナーはローストチキン。

christmasmanorhamilton12212
3キロ近い巨大チキン!4等分にした玉ねぎを中に詰めて、ジューシーに焼き上げるのはご主人の役目

christmasmanorhamilton12213
焼き上がったチキン。皮がパリッ、中がホクホクのローストポテトも絶品!

昨年こちらでいただいたクリスマス・ディナーがあまりにおいしかったので、作り方のコツを教えてもらい、小さ目のチキンを買って何度か自分でも作ってみたんですね。
チキンはまあまあ同じように出来ても、ローストポテトが難しい。日本人が誰に教わったわけでもなく、ごく自然にご飯をおいしく炊けるように、アイルランドの家庭で育った人は、ローストポテトやマッシュポテト作りにかけては天性のコツをつかんでいるに違いありません。

christmasmanorhamilton1221
グレービーソースをたっぷりかけて、いただきます~

プレスクールに行くか行かないかくらいから知っている2人のお子さんたちも、今や中学生と小学校中学年となり、それぞれの遊びや趣味の世界に夢中。プレゼントを見せ合い、クリスマス・クラッカーを引っ張り合ってひとしきり盛り上がったあとは、水が引くようにそれぞれ自室へ入ってしまいました。
食後は大人の時間となり、アイルランド産のおいしいジン&トニックを飲みながらえんえんとおしゃべり。テレビでは『バック・トゥー・ザ・フューチャー』を放送していて、時々それを観ては懐かしんだりして。

christmasmanorhamilton12214
ウィックロウ産、その名もグレンダーロック(Glendalough)というジン。ラベルは修道院創始者の聖ケヴィンに違いない!

アイルランドのクリスマスは、日本の元旦によく似た雰囲気です。おいしいものを食べて、お酒を飲んで、何をするでもなくダラダラ。
この一年を振り返り、新年の新たな抱負を語り、ゴシップやグチも含め、はい、よくしゃべりました。(笑)

そして今年はクリスマスの訪問をはしご。翌日セント・スティーヴンズ・デー(St. Stephen's Day)には、ダブリンへの帰り道に別の友人家族を訪ねました。その話は別途。
今年もこうして好きな人たちと、楽しく安全なクリスマスが迎えられたことにただただ感謝です。
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

新規オンライン講座!
文学ゆかりの地で歩くアイルランド
2023年2月4日(土)16:30~
2023年3月4日(土)16:30~
2023年4月1日(土)16:30~

→詳細&お申込みはこちら

過去のオンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ