fc2ブログ

世にも美味しい手作りプラムプディング

Nollaig Shona Duit!
(アイルランド語でメリー・クリスマス!)

ホワイト・クリスマス…ならぬ、ダブリンはウェット・クリスマスです。(冷たい雨と風…)

今年も、友人ディヴィッドのお母さん手作りのプラムプディングをいただきました。
クリスマスプディングともいい、お酒に漬け込んだドライフルーツ、各種スパイス、ラム酒やウィスキーをたっぷり入れた、蒸して作るクリスマスのお菓子。
しばらく寝かせて熟成させた頃が食べ頃なので、ディヴィッドのお母さんは毎年クリスマスの数週間前に何十個も作り、親戚縁者にプレゼントするのを習わしとしています。
これまでも何度かいただいていますが、このディヴィッド・ママの手作りを食べたら、市販のものはもう食べられなくなっちゃう。世にもおいしいプラムプディングです!

davidmumplumpudding12212
じゃーん!ずっしり重くて、包みを開けたとたん、部屋中に甘~いお酒の香りが。ディケンズの『クリスマス・キャロル』にも出てくる、イギリス、アイルランドのクリスマスの定番菓子です

どうしても食べたいデザートは食後まで待たず、食前に食べてしまうべし。お腹いっぱいになってしまうと、デザートまでたどり着けないので。
しかもクリスマス当日はご馳走がいっぱいなので、クリスマス・イブの昨晩、フライングして最初の一切れをいただきました。

davidmumplumpudding12213
通常、ブランデーソースやカスタードなどを添えて、温めていただきます。私は、近所のケーキ屋さん特製のウィスキー入りカスタードをたっぷり目にかけて…

しっかり甘いけれど、甘すぎず、おいしさが喉に身体にしみわたる~。これぞクリスマスの味。
ディヴィッド・ママ、ありがとう!今年も自分のママには会えないけれど、お母さんの味をお裾分けしていただいた気分。心の底がじーんと温かくなりました。

davidmumplumpudding1221
いたずら好きなエルフも狙ってる!きれいなプディング型、切り分ける前の底の直径は20センチくらい。ワンマン家族にこんな立派な一体を下さり恐縮です!

アルミホイルでしっかり密閉しておけば数ヶ月は持つとのことですが、あまり熟成が進み過ぎないうちに食べた方がおいしいと思う。以前に、保存していたものをイースター(3月~4月)に切り分けて食べたことがありますが、少々とうが立ってしまったかのような風味を感じたので。

さて、今日はこれから、地方に住む友人家族を訪ねます。
長距離ドライブに備え、ひと切れのプディングをいただいてお腹と心を満たしてから出かけようと思います♪

readyforchristmas1221
クリスマスの準備が整いました。ラッピングしてラベルをつけて、子どもたちへのプレゼントも準備万端です♪

※関連過去ブログ→UKのロックダウン、季節外れのプラムプディング、など…(2020年3月)
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

新規オンライン講座!
文学ゆかりの地で歩くアイルランド
2023年2月4日(土)16:30~
2023年3月4日(土)16:30~
2023年4月1日(土)16:30~

→終了、ありがとうございました!

アランセーターの故郷を訪ねて
2023年3月12日(日)13:30~
→終了、ありがとうございました!

過去のオンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

カレンダー

04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ