fc2ブログ

身長が低い女性は、献血がムズカシイ…!?

昨晩のニュースで、アイルランドでは今、輸血用の血液が不足していると報じられていました。
取り急ぎイングランドから輸入して当座をしのぐそうですが、それも今年2度目のことで、慢性的に不足が続いているとか。コロナ禍の制限に加え、先日はストームで献血予定の人が来られなかったりしたこともあり、輸血に必要な量が備蓄を上回っている状態だそうです。

とくにRHマイナスの血液が不足していて、O-、A-、B-を集めることが急務とのことですが、A+もイングランドからの輸入対象に。
日本人にはもっとも多いA+。私もA+型です。もっともありふれていそうな血液が足りないの?と不思議に思い、アイルランド輸血サービス(Irish Blood Transfusion Service)のサイトを見ると、いちばん足りているのはB+で、RHプラスの中でもっとも不足しているのがA+でした。
アイルランドは日本とは違って、B型の人が多いのでしょうか。(それともA+の需要が多いから足りないのか?)

これまでも献血に興味はありましたが、実際にしたことはありません。
クリスマスが近づくとさまざまなチャリティーの機会が増え、今日も犬の保護施設「ドッグストラスト」に寄付を送ったところですが、私の出来る金銭での貢献など微々たるもの。でも、血ならいっぱいあるのであげられます。
人様に惜しみなくあげられるものがあって良かった!…と嬉しくなり、早速、献血ドナーに登録すべくチェックするリストを上から見てみると…。
女性で身長168センチ未満、体重65キロ以下の人は別ページのチャートを参照するように、とあります。身長と体重の組み合わせがチャートの赤色エリアに入る場合は献血NG、緑色エリアに入れば献血OK。(参照→Information for women
なんと、身長156センチの私は、今より10キロ体重を増やさないと緑色エリアに入らないではないですか。
9月からダイエットをして5キロやせ、ジーンズがゆるゆるになってうわ~い!と日々喜んでいたのに、実は献血からはより遠ざかっていたのでした!

アイルランドでは、初めて(もしくは最後の献血から5年以上経って)献血する26歳以上の女性は、身長168センチ未満の場合、低身長であるほど体重が重くなければ献血出来ない。(例:身長150センチの場合→64キロ以上、身長160センチの場合→57キロ以上)
貧血で倒れる確率が高くなるから、という理由ですが、要するに縦か横のどちらかが大きければ身体の体積が増すので、血液量も多くなる、ということでしょうか。

ちなみに日本の基準を調べてみると、私の年齢の女性は体重40キロ以上で200ml、50キロ以上で400mlの献血が可能でした。でも私は海外在住なので、帰国後4週間は献血が出来ず、長期に一時帰国するような場合でないと日本でも献血は難しいことに。

それにしても、身体の体積でモノゴトを考えたことがなかったので、新鮮な驚きでした。
この基準だと、多くの日本人女性はアイルランドでは献血は出来ないことになります。私の場合、身体は小さくとも、肉食気味だし、血の気も多い方なので、血を採っても倒れないと思うけれど…(笑)。
アイルランド輸血サービスのサイトには、将来的に体重が増加したら戻ってきてくださいね、みたいなことが書かれていますが、あと10キロ増やすことはさすがに出来ない。いや、いくら献血のためとはいえ、出来ればしたくないですー(笑)。

santaateasonheustionstation1221
このくらい大きかったらじゃんじゃん血をあげられるのに…。一瞬、ホンモノかと思ってしまったサンタ🎅。ヒューストン駅(Heuston station, Dublin 8)にて
関連記事

コメント

ようはっぱ

へぇー
献血も趣味の一つなので、今はせっせと自宅近くの献血ルームに通ってます。
今は特定の成分だけを採血し体内で回復に時間のかかる赤血球は機械で戻す成分献血を3週間に一回してまーす。
今までの人生で120回以上献血してます。
献血したら血液検査結果を教えてもらえるので、自分の健康管理にも役立ってますよ。
針刺して動けず一時間くらいかかるけど、その間本読んだり、スマホ見たり、のんびりできて、飲み物飲み放題で、ポイント貯めるとラップとか食品とか貰えて、一石三鳥くらいありがたいです。
おチビな私、アイルランドでは献血出来ないなぁ。

naokoguide

Re: へぇー
ようはっぱさん、こんにちは。そして、メリークリスマス!🎄
へぇー、なんだか楽しそうですね、献血。楽しくて、人様のお役にもたって、一石二鳥。
私も献血したい~、でも、あと10キロ太るのはイヤ!笑

今度日本に4週間以上滞在するときにトライしてみたいと思います♪
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

【新規】オンライン講演!
『赤毛のアン』で歩くケルトの島・アイルランド
2022年1月14日(金)16:00~
詳細・お申込み→こちら

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ