fc2ブログ

続・「ダブリン・ウィンター・ライツ」めぐり、GPO、トリニティーカレッジ、マンションハウス

先日に続き、ダブリンの「ウィンター・ライツ(Dublin Winter Lights)」めぐりを。
「ダブリン・ウィンター・ライツ」めぐり、街はすっかりクリスマス!

ダブリン・シティセンターのいちばんの中心に位置する、歴史的建物群3か所を周りました。この3か所、今年は特に見事!

winterlightsdublin2021112114
トリコロールに輝くトリニティー・カレッジ(Trinity College Dublin, Dublin 2)!

winterlightsdublin2021112117
近くのグラフトン・ストリート(Grafton Street, Dublin 2)はますます賑わいを増してきました→グラフトン通りのクリスマス・ライト、例年より早く点灯!

winterlightsdublin2021112115
ダブリン市長公邸マンション・ハウス(Mantion House, Dawson Street, Dublin 2)は、ダブリンに生息する動植物がテーマ。あえてクリスマス・カラーではない、ポップなオレンジ色が新鮮

winterlightsdublin2021112116
市内フェニックス・パークに500頭生息している、ダマジカ(Fallow deer)もちゃんと描かれています

winterlightsdublin2021112118
マンション・ハウス近くの、グラフトン・ストリートに交差するアンズ・ストリート・サウス(Anne Street South, Dublin 2)もキラキラ

リフィー川を北岸に渡り、目抜き通りのオコンネル・ストリート(O'Connell Street, Dublin 1)には、おとぎの国のキャッスルが!

winterlightsdublin2021112120
なんとまあ、メルヘンなG.P.O.(中央郵便局)!今年の「ウィンター・ライツ」スポット中、いちばんのお気に入り♪🎅

winterlightsdublin2021112119
にぎやかなG.P.O.周辺。ホームレスの人ためのスープ・キッチンに並ぶ人々や、足取り軽いショッピング帰りの人たち

街の北側や、リフィー川河口のエリアにもまだまだ見どころがあります。
1月1日まで点灯されているので、後日あらためて足を延ばそうと思います♪🎄
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ