fc2ブログ

コロナ禍2年目の冬に向け、さらなる緩和と、さらなる感染対策発表!

18歳以上のワクチン接種が90%を越え、ヨーロッパ1~2位の接種率を誇るアイルランド。
先月の「Covid Resilience Ranking(新型コロナ禍からの回復力ランキング)」では世界トップとなり、暗く長いトンネルを着実に進んでいることは確かではありますが、それでも一定数の新規感染者数が日々報じられ、さらに悪いことには、2~3週間ほど前から数値が再び右上がりになってきたではありませんか。

当初の予定では、10月22日(金)をもってほぼすべての新型コロナ感染対策の制限が撤廃されるはずでしたが、昨日政府より発表があり、緩和はされるものの、マスク着用義務やソーシャルディスタンス、飲食店などでのワクチン証明提示の継続、抗原検査の導入など、今後も感染対策は続くことが明らかになりました。

細かい部分は私もまだ完全に理解できていなかったり、詳細が待たれる部分もありますが、以下、昨晩のニュースで報じられた、10月22日(金)より導入(または継続)される主な緩和と対策です。
コロナ禍2年目の冬に向け、これが、少なくとも来年2月まで適応されるようです。

●10月22日(金)~ 
・屋内でのマスク着用義務、ソーシャルディスタンス…継続
・ナイトクラブなど「ハイリスク」とされていた場所や活動の再開…ワクチン証明の提示、マスク着用
・パブ、レストランでの飲食…ひとつのテーブルに10人まで(これまでは6人まで)、屋内飲食はワクチン証明の提示継続
・結婚式…人数制限なし(これまでは100人まで)
・教会のミサなど宗教の儀式…人数制限なし(これまでは収容50%)
・屋外スポーツの観戦…収容100%(これまでは収容50%)
・屋内ライブ、エンターテインメント…全着席で100%収容、自分の座席でなら立って良い?踊って良い?
・濃厚接触者…抗原検査が自宅に郵送され、陽性になったらPCR検査(これまではワクチン未接種者に限り、PCR検査&行動制限)

※参照記事→At a glance: What's in the Government's new reopening plan? (RTE News) など
※政府の公式ウェブサイトによる発表→Statement on COVID-19 public health measures - 19 October 2021(gov.ie)

60歳以上の人を対象に、3度目のワクチン接種が間もなく行われることも発表されました。
医療従事者が対象外となったことに批判の声も上がっていますが、全体の感染数を減少させれば、医療従事者のリスクも減るという論理でしょうか。

そしてソーシャルディスタンスが継続されるので、屋内の音楽イベントなどではどの程度立ち上がったり踊っていいのか、イベントにはワクチン証明の提示が求められるのか、など、はっきりしない部分もあり、混乱や疑問の声も上がっています。
個人的には、屋内で大勢の人が密になる環境にはまだまだ行く気になれないのですが、ビジネス・オーナーにとっては死活問題ですから、対策要件をいち早くはっきり知りたいことでしょう。

昨日の会見でミホール・マーティン首相が強調していたのは、とにかくワクチン未接種の人は接種するように、そして、屋内に人を入れるビジネスをしている人はワクチン証明を確認するように、ということでした。ワクチンが自分を守る、他人を守るのにもっとも有効な方法である、と。
これだけワクチン接種率が高くても、未接種の人がいるとやはり重症者の率が上がってしまい、病院はひっ迫することになってしまうのが現実のようです。

昨日の新規感染者数は、1月下旬以来、最大値でした。今日はICU患者数がいっきに増加。ワクチンのない頃だったら、即刻、ロックダウンに逆戻りでしょう。
今月末に向けて、まだまだ数値が悪くなるとの専門家の予測も。それでも日常生活がここまで戻り、緩和を進めることが出来ているというのは、心配も混乱もあるけれども、やはりものすごい「回復力(Resilience)」と言わざるを得ない。
ロックダウン中の半径2キロ圏内での暮らしを思えば(あの頃はほかに出来ることがなくて、ひたすら歩いたり、走ったりしていなあ・笑)、レストランにも行けるし、お店で試着してショッピングが出来るし、プールにも行けるし、海外旅行だって出来る!
出来ないことをあれこれ思わずに(正直、ワクチンさえ打っていれば不便は少ない!)、冷静に淡々とトンネルの先の光を目指して進んでいこう!と個人的には思っています。

kildarevillage1021spookyeveningsky
昨晩の日没直後、キルデア(Kildare)にて。パープルの空がちょっとスプーキーでハロウィーンっぽい!

【10/21追記】
※在アイルランド日本大使館のサイト(日本語)→現行の防護措置及びEUデジタルCOVID証明書を条件とした10月22日以降のホスピタリティ産業等の規制緩和(10月20日発出領事メール)
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

【新規】オンライン講演!
『赤毛のアン』で歩くケルトの島・アイルランド
2022年1月14日(金)16:00~
詳細・お申込み→こちら

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ