fc2ブログ

「カナダ+アイルランド」がポロリ降ってきた?

通訳の仕事に行っている職場での出来事。
ランチタイムにオフィスに戻ると、小さな謎のピンバッジが私のデスクに置かれていました。近づけて見ると、カナダのメイプルリーフとアイルランドのシャムロックという2つのモチーフを合体させたロゴ。「トロント2017」との文字が入っています。

irelandandcanadapinbudgealan1021
赤いメープルリーフと緑色のシャムロックが合わさって一つになっている!

来月オンラインで「モンゴメリ作品とアイルランド」と題してお話させていただくので、このところ、『赤毛のアン』をはじめとするモンゴメリ作品の舞台であるカナダと、作品に出て来るアイルランドをあらためてつなぎ合わせて、2国を合体させるような作業を進めていたところでした。

職場の人は知りようもない私の研究テーマがなぜここに?
もしや、天から降ってきたメッセージ?
天国のモンゴメリが「頑張って~」とよこしてくれたプレゼントだったりして!

…などと、あれこれ妄想。このタイミングで、こういうモノが実体となって現れるなんて、不思議としか言いようがない!
しかもトロントと言えば、晩年のモンゴメリが暮らし、作品にも登場する街。先日、私と同じ主催の元で先行してお話された梶原由佳さんのオンライン講演は、まさにトロントからのライブでした。

後ほどこれは、同じ職場で働くアランさんからのプレゼントだったことが分かりました。
職場の人たちとは日々いろいろなおしゃべりをしますが、中でもとくに波長が合う人というのがいるもので、アランさんはそんなひとり。仕事とは特に関係のない、アイルランドの歴史や遺跡の話、植物の話などをよくしています。
アランさんは以前はトロントにお住まいで、2017年のカナダ建国150周年の際、現地のアイルランド人&アイルランド系の人たちのイベントの中心人物だったそう。これは、そのときの記念バッジとのことでした。

アランさんがトロントに住んでいたことは聞いていたけれど、私がモンゴメリ作品を介してカナダに思い入れがあることは彼は知りませんでした。『アン』のことも、モンゴメリのことも話したことはなかった。
なのにどうして、このタイミングでこのバッジを私にくれたのでしょう。不思議…!

ちなみに、シャムロック+メイプルリーフの下にデザインされている街並みは、きっとトロントとダブリンで(右のタワーはもちろんCNタワー!)、真ん中の盛り土はニューグレンジ遺跡に違ない!と深読みしましたが違いました(笑)。
これはすべてトロントの街で、私がニューグレンジだと思ったのはロジャーズ・センターというスタジアムのドームだそうです。
アランさんはニューグレンジ遺跡のすぐ近くにお住まいなので、てっきり…笑。

トロントには過去に2度行ったことがありますが、2度とも、モンゴメリの生まれ故郷であり作品の舞台であるプリンス・エドワード島を訪ねた際に1~2日立ち寄った程度でした。
最後に行ったのは2010年のクリスマス。そして、パンデミックでなかったら昨年秋に再訪する予定でした。
前回の訪問時、2007年に出来たというオンタリオ湖に面するアイルランド・パーク(トロントに上陸したアイルランド移民を記念した公園)を見逃したので、次回はぜひ見に行きたい。ダブリンにある、移民船を目指して歩く人たちの銅像が、トロントに上陸した人たちとなってそこにあるのです。

アランさんが写真を見せてくれたり、トロントのことをあれこれ話してくれたりして、楽しいランチタイムのひとときでした。
やはり、縁のある場所、縁のある人、縁のあるトピックって、こうして天から降ってくるみたいにもたらされるんですよね、ちゃんと。
『赤毛のアン』に導かれて、アイルランドにたどり着いた私の人生。来月の講演を皮切りに『アン』とアイルランド絡みでいくつかプロジェクト進行中(ちょっと難航中)ですが、「これでいいのだ!」(←天才バカボン風)と見えざる力が背中を押してくれているような気がして、きっと最善の方向へ進んでいくに違いないと思えてきたのでした。
関連記事

コメント

メイホア

ナオコさんなら当然ご存知かもしれませんが…「妖精王の月」という作品の作者メリングさんもカナダ育ちのアイリッシュだし、シリーズのうち数冊はトロントが舞台。縁が深いんですね…。

naokoguide

メイホアさんへ
おお、O.R.メリングさん!
彼女もカナダ+アイルランドでしたね!
彼女のフェアリー年代記、昔から気になりながらまだ読んでおらず、すっかり忘れていました。
舞台はアイルランドなのだとばかり思っていましたが、トロント舞台のものもあるんですね。
アマゾンで中古の原書を見つけたので早速購入しました。思い出させてくださって、ありがとうございます!
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演!
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ