fc2ブログ

街角のカフェ、Wuff(ウフ)でブランチ

日曜日の昨日、国立美術館へイェイツ展を見に行く前に、友人ディヴィッドとブランチをしました。
行こうとしていた店が日曜日で休みだったので、先日のディナーに続き、またもやウフ(The Wuff, Dublin 7)へ。
店内のテーブルのチョイスもあったのですが、風のない穏やかな日だったので、あえて屋外の席へ。この店は路面電車と通りの角にあり、狭い歩道にテーブルが並べられているのですが、日曜日の午前中、まだ静かな街の景色の一部となって食べるのも楽しいものです。

wuffsundayblunch09212
チョリソ入りエッグベネディクトを。通常はハムやベーコン入りですが、スパイシーなチョリソもがっつり過ぎずおいしかったです。ポーチドエッグは絶品。奥に写っているディヴィッドのディッシュは、アイルランド人男子らしく、もちろんフル・アイリッシュブレックファースト!

実は数日前から、職場の床にはまっている網々のタイルがワッフルに見えて仕方なく…(笑)。
食べたいなあ、って思っていたら、ワフのデザート・メニューにちゃ~んとあって感激。

wuffsundayblunch09213
ふんわり、甘すぎず、めちゃめちゃおいしかった!アイスクリーム、イチゴ、チョコレートのコンビも絶妙♪

同じく近所に住む友人フィリップも誘おうとしていたのですが、2人とも連絡するのを忘れてしまいました。ワッフルを食べながら、甘いもの好きのフィリップがいたら喜んだだろうね~と話していたら、その1分後くらいに本人が「ハロー、ガイズ!」と通りがかってびっくり!ダブリンならではのスモール・ワールド事件に大爆笑でした。
フィリップ、ワッフルの匂いを嗅ぎつけたに違いない(笑)。

こんなふうに再びサンデー・ブランチが出来るようになったんだなあ、と感慨深い気持ちに。そして、街でバッタリ誰かと出会っちゃう、こじんまり&フレンドリーなパンデミック以前のダブリンがようやく戻ってきたような気がして嬉しくなりました。

wuffsundayblunch0921
昨日はテーブル予約せずに行きましたが、コーヒーを飲みながら15分程待って、着席出来ました。セカセカせず、おしゃべりしながら待つこんな時間も日曜日ならではで好き。携帯番号を伝え、テーブルが空くとテキストをくれるシステムも素晴らしいです
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

【新規】オンライン講演!
『赤毛のアン』で歩くケルトの島・アイルランド
2022年1月14日(金)16:00~
詳細・お申込み→こちら

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ