FC2ブログ

新型コロナの制限、10月22日をもって全解除!

新型コロナウィルスのワクチン接種が始まってほんの半年ほどしか経っていないというのに、予防ワクチンが存在せず、ただただ行動制限により感染を防いでいた頃のことが、はるか昔のように感じられます。
同居家族やサポートバブル外の人とは会わず、外出は半径2キロ圏内、レストランも店も開いておらず、街はゴーストタウンのよう…。そんな世界に暮らしていたことを思えば、どれほど多くの安全と自由が戻ってきたことでしょう。

12歳以上のワクチン接種完了が80%、18歳以上は90%を超えたアイルランドですが、いよいよ制限解除の最終段階となる、今後2ヶ月のロードマップが示されました。
一昨日の政府の発表によると、新型コロナ感染対策の制限はほぼすべて、10月22日をもって解除されるとのこと!(感染の状況により変更あり得る)
かと言ってパンデミックが終わるわけではなく、祝いの日ではなく、ニューノーマル開始の日と考えてください、とミホール・マーティン首相は強調。店内や公共交通機関でのマスク着用義務は続きますし、制限が取り払われるということは、感染対策が各個人の手にゆだねられるということでもあります。
自由と引き換えに、感染対策も暮らしの立て直しも、自己責任の範疇が広がるということですね。

最終段階でのいちばんの緩和ポイントは、大型イベントや集会、エンターテインメントの再開、そしてオフィス通勤の再開…でしょうか。
一昨日発表された主な内容を、以下にまとめておきます。
※参考→At a glance: Key dates and the start of the 'new normal'(RTE News)COVID-19 restrictions in Ireland (Citizens Information)など

●9月1日~
・公共交通機関…100%乗車可

●9月6日~
・屋内でのイベント・大規模集会…再開。ワクチン接種完了者/抗体保持者(とそれに付き添われる18歳以下)に限り60%まで収容可
・屋内でのコンサート、演劇、エンターテインメント、スポーツの試合…全着席で行って良い
・映画館、劇場…ワクチン接種完了者/抗体保持者/それに付き添われる18歳以下に限り60%まで収容可。それ以外の場合は、9月末まではこれまで通り50人まで
・結婚式…ライブ音楽&ダンス解禁。人数はこれまで通り100人まで
・屋外でのイベント・大規模集会…ワクチン接種完了者/抗体保持者/それに付き添われる18歳以下のみに限る場合は75%まで。そうでない場合は50%まで+ソーシャルディスタンス、マスク着用
・ミサなど宗教の集い…再開。50%まで収容可
・観光バスでのツアー…再開。75%まで収容可 ←団体バスでのグループ・ツアーが正式に許可されたことを意味します!

●9月20日~
・オフィスへの通勤…段階的に再開
・屋内でのグループ活動(スポーツ、アート、ダンス教室など)…ワクチン接種完了者/抗体保持者/18歳以下に限る場合は100名までOK.。そうでない場合は6人までのバブルで、各バブルがソーシャルディスタンスを保てる数までOK
・屋外でのグループ活動…制限なし

●10月22日~ ほぼすべての制限解除!
・ソーシャルディスタンス…撤廃。屋外/屋内でのプライベートな集いでのマスク着用義務…撤廃
・個人宅への訪問人数の制限…撤廃
・店内飲食やイベント入場のためのワクチン証明の提示…撤廃(海外渡航には必要)
・ナイトクラブなど「ハイリスク」とされていた場所や活動…再開
・必要に応じたマスク着用義務、自己隔離…継続
・小売店、公共交通機関、医療機関でのマスク着用義務…継続
・新型コロナの症状が出たら自己隔離しなくてはならない…継続

※日本語での詳細はこちら→【新型コロナウイルス関連情報】アイルランド政府による行動制限措置のさらなる段階的緩和及び10月22日からのほぼ全ての制限措置の解除の見込み(9月2日発出領事メール)

デルタ変異株の感染ピークは9月半ばと見込まれており、現在1300~2000人辺りを推移している新規感染者数は、過去にそうであったように、減少する前にいったん増加すると言われています。長い旅路もあともう一つ山を越えたら…といったところでしょうか。
10月22日という日が制限全解除日に選ばれたのも、その頃には数も落ち着くだろうという政府の見立てがあるようです。

今や新規感染者の7割がワクチン未接種者で、重症化している人のほとんどが未接種者だと言います。
デルタ株はワクチン未接種の人を必死で探して生き延びようとしているらしく、職場では2度目のワクチン接種を待つ若い人の病欠が目立ち始めました。
夏休みが終わり子どもたちの学校もそろそろ始まりましたが、逆行することなく、このままうまく乗り切れるといいのですが…。

warmemorialgardensautum0821
ジョギング途中に立ち寄った、リフィー川沿いのウォー・メモリアル・ガーデンズ(War Memorial Gardens, Dublin 8)にて。空気はすっかり秋色です
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ