FC2ブログ

ビクトリア時代の面影を残す海辺の町、ホワイトヘッド

先日、北アイルランドのゴビンズ(The Gobbins)のクリフウォークへ行った帰りに、近くの町ホワイトヘッド(Whitehead, Co. Antrim, Northern Ireland)に立ち寄りました。
19世紀末~20世紀初頭、ゴビンズを含む周辺地域の観光の拠点となったのがこの町。当時の面影を残す鉄道駅がありました。

whitehead08213
レンガ造りのレトロな駅舎。近隣の港町ラーン(Larne)~ベルファースト(Belfast)を結ぶ、現役の鉄道路線です

whitehead08214
ホームにある待合室。よく見ると、屋根の切妻部分がシャムロック模様☘☘☘

whitehead08212
ホームをつなぐレトロな橋はどうやら名所のよう。向こうに見えるのはアイリッシュ海。海沿いを走る列車はさぞかし眺めがいいことでしょう

ゴビンズのガイドさんが、ゴビンズ創業当時は鉄道チケットにクリフウォークの入場料が含まれていて、駅から送迎車が出ていたと言っていましたが、その駅というのはここだったのか、と分かりました。
当時は海辺のシーサイドタウンとして人気の保養地で、最盛期には町に7軒を数えるホテルがあったそう。現在のホワイトヘッドには宿泊施設は一軒もなく、ベルファースト(Belfast)やキャリックファーガス(Carrickfergus)など周辺のより大きな町に観光拠点が移ってしまったんですね。

ちなみに、駅の近くには鉄道博物館がありました。ここホワイトヘッドはアイルランド鉄道保存協会の本部のある町だそうで、鉄道ファンにはよく知られた地のようです。

線路の向こうは海辺のプロムナード。ダッチゲーブルのカラフルな家並みがなんとも素敵でした。

whitehead08215
張り出し窓のある正面の造りが、19世紀後半~20世紀初頭のビクトリア~エドワード時代の面影をよく伝えています

whitehead08216
まるでおもちゃの町かのような一角も!

whitehead082111
私たちはここで海とカラフルな家並みを眺めながら、駅の近くで買ったフィッシュアンドチップスを食べました。やっと見つけたレストランが予約がいっぱいで入れず仕方なくテイクアウトしたのですが、思いがけずフィッシュはフレッシュ、チップスもカリカリ!びっくりするほどおいしいフィッシュアンドチップスでした

この海辺のプロムナードも、ゴビンズを開発した鉄道エンジニアのワイズさんが手掛けたもの。(詳しくは過去ブログ参照
鉄道や駅を建設するだけでなく、利用する人々がより楽しめるよう、地元にビジネスが還元されるよう、駅のある町や周辺の観光資源も同時に開発&プロモーションしていったんですね。

whitehead08218
海水を仕切って作られた、いかにもビクトリア時代風のレトロな屋外プール。19世紀末、町を活気づかせるためのアトラクションとしてプロムナード沿いに建設されたもの

whitehead08219
民家にカエル…とギネス!カエルにギネスを備えるという知られざる北アイルランドの習慣か?…と思いきや、カエルではなく、庭仕事中のこの家の主の喉をうるおすためのものでした(笑)

whitehead08217
海ではさまざまなアクティビティーが行われていました。ヨットをこぎ出す人、泳ぎにやって来る人、写真はSUPを楽しむ若い人たちのグループ

町の外れには展望ポイントがあり、町の北側にある崖下のウォーキング道が見えます。

whitehead0821
この崖下の海沿いにあるのがブラックヘッド・コースタル・パス(Blackhead Coastal Path)。崖の上にはにブラックヘッド灯台(Blackhead Lighthouse)が。名前の由来は、ホワイトヘッドまでは(白い)石灰岩質、そこから先はゴビンズを含め(黒い)玄武岩質だから

ブラックヘッド・コースタル・パスは、ゴビンズに先がけて19世紀末、やはりワイズさん主導で開発されたウォーキング道です。ここもぜひ歩いてみたい。
都市ベルファーストや、世界遺産ジャイアンツ・コーズウェイといった有名観光地の影に隠れがちなこのエリアですが、はっとするほど美しい景色の連続にあらためて魅せられました。
今後、機会あれば再訪して、さらに探索したいなあと思いました。
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ