FC2ブログ

久しぶりにダブリンで外食ディナー、L・マリガン・グローサー

レストラン、パブなどの屋外での飲食が再開されて早1ヶ月半。このところの高気温・好天気も手伝って、ダブリンの飲食店の屋外スペースは大変なにぎわいです。
来週からはワクチン接種完了者に限り店内での飲食が解禁されます。そうなったらより人出が多くなりそうなので、今のうちに外食しましょう、ということになり、昨晩はお気に入りのガストロ・パブ、L・マリガン・グローサー(L Mulligan Grocer, Dublin 7)へ友人と出かけました。

思えばちょうど昨年の今ごろ、制限緩和されたときに行ったのも、スコッチ・エッグが看板メニューのこの店でした。
※過去ブログ→待ちに待ったスコッチエッグ!こだわりのガストロパブ、L・マリガン・グローサー(2020年7月)

mulligansdinner07212
こんなふうに店の前の歩道が飲食スペースに。どこの店もそうなので、なんだかダブリンが別の街になったかのよう

ドリンクだけならまだしも、人や車が通る通り端での食事はさすがに落ち着かないので、店の裏手のスペースにテーブルを予約。コロナ禍以前はおそらくスモーキング・エリアだったスペースかと思います。

mulligansdinner0721
ここなら落ち着いて食べられます。テーブルはソーシャルディスタンスを取って2~6人用に配置

mulligansdinner07214
ダブリンのレストランで最後にディナーしたのはクリスマスの頃ですから、なんと7カ月ぶり。ジンアンドトニックと、スタウトのクラフトビールで乾杯!

mulligansdinner07213
ああ、一年ぶりのスコッチエッグ。ルバーブのジャムを添えて食べるのがこれまたおいしい。このあとメインディッシュにはフィッシュアンドチップスを食べましたが、友人との話に夢中で写真を撮り忘れました

mulligansdinner07215
デザートにはラズベリーのイートン・メス、夏のデザート代表ですね

デザートの頃には外も暗くなり、久しぶりにナイトアウトしている感が。
予定では3人で会うはずでしたが、ひとりが新型コロナの濃厚接触者に特定されてしまい、急遽来られなくなるというコロナ禍ならではのハプニングも。(その友人のPCR検査結果は幸いにも陰性でした、良かった!)

夜10時を過ぎても外の気温は23度。ノースリーブのまま、上着のいらない夏の夜が嬉しい。このヒートウェイブがもうちょっと続くといいのですが。
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ