FC2ブログ

イエーツ記念館で見つけた日本(スライゴ研修3)

yeatsaib
スライゴ・タウンのイエーツ像

W.B.イエーツはダブリン生まれですが、そのルーツは父方・母方ともにスライゴにあります。
父方の曽祖父は近郊の村Drumcliff(イエーツはここ教会の墓地に眠る)の牧師でしたし、母方のPollexfen一族は、港町として栄えていたスライゴをリードする貿易商でした。

イエーツ自身も子供時代・青年時代の休暇をスライゴで過ごすことが多く、まさにスライゴという土地の精霊からインスピレーションを与えられ大成していった文学者と言えるでしょう。

スライゴ・タウンとその周辺には、イエーツゆかりの場所がたくさん
文学者の足跡を訪ねたりするのが好きな私にとって、スライゴは何度行っても新しい発見のある、飽きることのない町です。

スライゴ・タウンの中心に位置するイエーツ記念館(Yeats Memorial Buildingは、イエーツ協会(Yeats Sociaty)の本部。
約100年前に建てられた赤レンガ造りの旧AIB銀行の1階に、ちょっと地味目に資料展示がしてあるのがなんともいい感じ。

yeatsmemorial4

イエーツのことでわからないことがあれば、ここに聞くとたいていのことは解決します。
さらに事前予約しておけば、イエーツやスライゴに関する多くのビデオの中から、そのお客様やグループの趣向にあったものを上映してくれ(そのテレビがまた年代モノっぽくていい感じ)、イエーツ博士の協会員の方が簡単なレクチャーもしてくれます。

こちらは、世界中から訪れたイエーツ・ファンからの手紙などなど。

yeatsmemorial2

yeatsmemorial1
2005年に私がご案内した岩手県の高校生の皆さん。今でも飾っていてくださって感激!

そしてこの扇は、日本の精神世界に強い関心を抱き、能仕立てのお芝居を創作したイエーツにちなんで、日本のグループさんが協会にプレゼントしたものだそう。

yeatsmemorial3

イエーツの偉大さに比べると小さな記念館ですが、訪れる人を歓迎する気持ちはとっても大きな記念館なのでした。

※過去の関連ブログ:イエーツと日本刀(ダブリンで行われているイエーツ展について)

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)
20時~・75分間・見逃し配信あり
詳細・お申込み→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ