fc2ブログ

海のアネモネ、イソギンチャク

仕事帰りに海へ。先日に続き、ダブリン北郊外のポートラン(Portrane, Co. Dublin)の海辺の家に滞在中の友人スティーヴンを訪ねました。

友人イーファ&ローナン、ディヴィッドもやって来て、思いがけず楽しい夏の夕べに。
イーファ&ローナンの5歳になったばかりの子、オシーンと岩場で遊んでいたら、きれいなイソギンチャクを見つけました!

seaanemoneportrane0721
赤いボディに薄紫色のネックレスのような縁取りが美しい

これを見てオシーンが「See the enemy!(シーダエネミー=敵を見て!)」とさかんに言うので、悪いイソギンチャクが出てくるお話でもあるのかな~などと思っていたら、「シーダエネミー」じゃなくて、「シーエネムニー」と言っていたことが判明。
イソギンチャクは英語で「Sea Anemone(海のアネモネ)」との美しい名で呼ばれますが、カタカナ風に「シーアネモネ」とは発音されず、ちょっと舌を噛みそうな「シーエネムニー」なんですよね。
5歳とはいえ、さすがネイティブスピーカー。オシーンの発音が良すぎて、「海のアネモネ」が「敵を見て!」に聞こえてしまった(笑)。

portraneoisin07212
岩の上でおどけるオシーン。さすが両親ともサーファーだけあってバランス感覚抜群で、ゴツゴツした岩の上を転ぶことなくぴょんぴょん歩きます

薄曇りだったけれど、風もなく穏やか。いつまでも海辺にいたいようなさわやかな夏の夕べでした。
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ