FC2ブログ

スライゴ周辺おすすめ周遊路(スライゴ研修1)

週末に行ったスライゴ研修旅行について、少しずつご紹介していきたいと思います。

アイルランド北西部のスライゴ(Sligo)は、不思議な形の山々に囲まれたミステリアスな地。
歴史・考古学・文学(アイルランドの国民的詩人W.B.イエーツのルーツはこの町)・民話&神話・地質学など、アイルランドを特徴づけるトピックがコンパクトに集約された、いわば「アイルランドの中の小アイルランド」のようなエリアです!

スライゴ周辺には、スライゴ・タウンを基点とする5つの「ミニ周遊路」があり、メインの道路からそれること、いずれも小一時間のルート。
これを組み合わせると、ミステリアスな山々やワイルドな大西洋の景観をより楽しむことが出来ます。

☆スライゴ・タウンより北側

①グレンカー・レイク(Glencar Lake)周遊

1万2000年前に氷河によって削られて出来た谷間の中の湖。この周遊路の一番の見どころは、グレンカーの滝(Glencar Waterfall)。W.B.イエーツもここでピクニックをして、詩を書き残しています。

sligofam5

湖の東側はカウンティー・リトリウム(Co. Leitrim)なので、途中でいったん県境を超えることになります。

行き方: スライゴ・タウンよりドネゴール方面(N15)へ。ドラムクリフ(Drumcliff)教会(左手)を過ぎて最初の角を右へ。周遊の最後の方、スライゴ・タウンに下りてくる時に前方に広がる町と海の景色がきれいなので、この周り方の方がベター。(逆周りだと、エニスキレン方面N16から行くことになります)

②グレニフ・ホースシュー(Glenniff Horseshoe)周遊

スライゴのテーブル・マウンテンであるベン・ブルベンの懐、馬蹄型(Horseshoe)をした谷の中へ。神話『ディアルムッドとグローニャ』で、逃避行を続ける2人が身を隠したのがこの谷だと言われています。

sligofam4

荒涼とした景観と泥炭地、さまざまな角度で見えてくるベン・ブルベンも印象的!

行き方: スライゴ・タウンよりドネゴール方面(N15)へ。Cliffoney村のパブGoravans(左手)の角を右へ入る。

③マラグモア(Mullaghmore)半島周遊

大西洋のワイルドな景観と、「妖精の石」があるという伝説の城クラッシーバウン(Classiebawn)のロマンチックな佇まいが見どころ。

mullaghmore1

mullaghmore2
(この日は雨だったので、写真は2枚とも2006年8月撮影のもの)

19世紀に建てられたクラッシーバウン城は、数十年前まで英国王家の親戚筋に当たるマウントバッテン卿が所有していたもの。(ビクトリア女王の曾孫に当たる人物)
半島の先端へ行くと、海の向こうにカウンティー・ドネゴールの山々が!
カラフルな漁村マラグモアには、こじんまりしたホテルやおいしいシーフード・レストランもあります。

行き方: スライゴ・タウンよりドネゴール方面(N15)へ。Cliffoney村のパブGoravans(左手)の角を左へ入る。

※上記3コース、いずれも大型バスは通れません。ミニバス・サイズの大きさまで。

(続く)


関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)
20時~・75分間・見逃し配信あり
詳細・お申込み→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ