fc2ブログ

ローリー・ガラハーの生まれた町、バリシャノン

ホテルやB&Bなど宿泊施設が一般向けに再オープンした最初のウィークエンドは3連休で、友人たちとロスナウラ海岸(Rossnowlagh, Co. Donegal)でサーフィンをして過ごしたのですが、宿泊したのはビーチから車で15分程のバリシャノン(Ballyshannon, Co. Donegal)の町でした。
遠出を待ち望んでいた人たちで海辺の宿はどこもいっぱい。ようやく見つけた空き部屋がバリシャノンだったので初めてこの町に宿泊してみましたが、町の様子も泊まったアパートメントも思いがけず気に入りました。

ballyshannonstay06219
北アイルランドとの国境に程近い、アーン川の河口に開けた坂の町バリシャノン。アイルランド北部に多い、三角形(ダイヤモンドと呼ばれる)の広場を中心に据えたレイアウト

ballyshannonstay0621
2ベッドルームのセルフケータリングのアパートメントをソーシャルバブルの友人とシェア。明るくて広いリビングはアーン川に面しています。バルコニー付きで、眺めも悪くありません

バリシャノンと言えば、伝説のギタリスト、ローリー・ガラハー(Rory Gallagher, 1948 – 1995)の生まれ故郷として知られおり、町の中心にはギターを手にしたローリー像があります。
(日本ではロリー・ギャラガーなどとカタカナ読みされるよう)

ballyshannonstay062110
お父さんがバリシャノンの水力発電所に勤めていた関係でここで生まれたようですが、一家はその後デリーへ、そしてコークへ。ローリーはコーク育ちなのでコークの人とのイメージが強いようです

47歳という若さで早世したローリー・ガラハーですが、亡くなったのが6月だからでしょうか。毎年6月の3連休にはこの町でローリー・ガラハー・フェスティバルが開催されます。
昨年今年はコロナ禍で中止されましたが、奇しくも私たちはフェスの週末にバリシャノンにいたのでした。(フェスがあったらこの町は大賑わいで、ここには逆に泊まれなかったことでしょう)
一緒に週末を過ごした友人マルコスは、自らもギターを弾くので当然ローリーの大ファン。めったに写真を撮らないマルコスが、ローリー像の横でピースしてはしゃいでいたのが可笑しかったです。

ballyshannonstay06213
ローリー像の近くのパブ、オドネルズが唯一開いていたのでギネスをテイクアウト。向かいのピザ屋でやはりテイクアウトしたピザを食べながら表のテーブルで飲んでいたら、地元のガーダ(アイルランド警察)に注意されて退散。パブの屋外飲食が解禁される前だったので、まだ店の前で飲んではいけなかったのでした

日曜日の朝はちょっと早起きをして、町をぐるりと歩いてみました。人口2000人強の小さな町の各所に「アイルランドいち古い町」とのサインがあり、町の博物館もあるので(現在、閉館中)、町の成り立ちや歴史を大切にしているようです。

ballyshannonstay06214
宿泊したアパートメントのすぐ近くにあった古い長老派教会。2007年に閉鎖されたとの看板がありました

ballyshannonstay06215
アーン川の河口にはInis Saimerという名の小さな島が。家が建っていて、島ごと「売り出し中」の看板あり

ballyshannonstay06216
河口の断崖。この辺りには、この地を守っていたケルト時代のチーフタン、オドネル一族の砦があったそう

ballyshannonstay06217
「妖精の丘(Fairy Hilltop)」と呼ばれる高台へ。18世紀建立、19世紀に再建された聖アン教会

ballyshannonstay06218
丘の上は19世紀半ばのジャガイモ大飢饉で亡くなった人たちの墓地だったそうです。慰霊碑と天然石のモニュメントあり

ballyshannonstay062111
町には茅葺屋根のコテージも。普段はパブとして営業しているようです

夜はピザとギネスをテイクアウトして、友人マルコスとディヴィッドと一緒にローリー・ガラハーを聴いて過ごしました。
これまでバリシャノンを基点にすることを思いつきませんでしたが、サーフスポットも近いことですし、ドネゴールの名所探索にも便利。アパートメントもリーゾナブルで居心地良く、海辺の宿が取れなかったおかげで、思わぬ発見が出来ました。
関連記事

コメント

松井ゆみ子

バリシャノン!
反応しちゃいました!今、ゆっくり歩いてみたい街No.1!車で通り過ぎたことがあるだけなんですけど、入ってみたくなるパブをたくさん見かけました。いい魚屋さんがあって、バンドーラン近くに住む友人が、わざわざ買いに行くのだそう。キリベグスの漁港にも近いですもんね。ロリー・ギャラハー、さほど趣味ではなかったのですけど、ラジオのDJにはファンが多く、しょっちゅう曲がかかるので”洗脳”された感じ、徐々にファンになっております・笑。バリシャノンのおすすめスポット情報、すごく参考になりました。ありがとう!島の家、いいなーーー

naokoguide

Re: バリシャノン!
ゆみ子さん、こんにちは。
コロナ禍+バンクホリデーウィークエンドで店はほとんど開いていなかったけれど、開いていたらぜひ入ってみたいベーカリーや、オドネルズのほぼお隣りに魚屋さんがありました。
ぜひ出かけてみてください!
私もローリー・ガラハー、あまり知らなかったけれど、ラジオでよくかかったりするので洗脳されました(笑)
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演!
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ