fc2ブログ

ホウスのシャクナゲの森へ、今年も…

素晴らしいお天気が続いています!
仕事が早めに終わったので、ホウス(Howth, Co. Dublin)のセイヨウシャクナゲ(Rhododendron)の森へ出かけました。
この時期になるとほぼ毎年訪れているディアパーク・ゴルフ場(Deer Park Golf)裏手の森。かつてはホウス・キャッスルの所有地で、1875年、当時の城主が植えたものが年月を経て繁殖、今や2000本を超えるシャクナゲ・ジャングルに成長しています。

howthrhododendron05215
この晴天で見ると南国の花かのよう

howthrhododendron05214
巨木に咲き乱れる、花、花、花。目に見えたとおりに写真に収めらないのがもどかしい…

そういえば昨年は、行動制限が拡大されて真っ先にここへ来たのでした。→ホウスのシャクナゲの森へ(2020年6月)
セイヨウシャクナゲは花色によって開花時期に若干のずれがあり、赤や白が先に咲き、ピンクが最後となります。
昨年は1週間あとに来たのに赤や白がまだ咲いていましたが、今年は花が早かったよう。今日咲いていたのは8割がピンク、もう1週間ほど早く来ていればもっと色とりどりだったことでしょう。

howthrhododendron05213
森の中の小径を歩くのが楽しい

howthrhododendron05212
ここは局地気候で暖かいのでしょうか、毎年不思議に思うのですが、7~8月に咲くはずのホクシャの花がシャクナゲと同時期に咲くのです

howthrhododendron0521
森の片隅にある「エイディーンの墓(Aideen's Grave)」と呼ばれる巨石古墳。最愛の夫オスカーが西暦284のGarve(タラの丘近くらしい)の戦いで戦死してしまい、悲しみに暮れて息絶えたエイディーン姫の墓…と言われます(墓の年代とは合いませんが)

花も美しいけれど、緑もきれい。小径を登り、丘の上へミニ・ハイキングしました。

howthrhododendron05216
花のトンネルをくぐって…

howthrhododendron05217
丘の上はまだ8分咲き。この晴天ですからすぐに満開になることでしょう

howthrhododendron05218
ホウス・キャッスルとアイリッシュ海に浮かぶアイルランズ・アイを眺めながらひと休み。そよ風が気持ちいい

今日のダブリンは日中の最高気温22度。日差しは強かったけれど、夏の軽井沢のようなさわやかでした。

※ホウスのシャクナゲの森に関する過去ブログ→シャクナゲと「トトロ」の木春の花々・その2…ホウスにてホウスのシャクナゲの森へ
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ