FC2ブログ

スミマセン、日本人デスカ

ダブリンの街を歩いていると、ごくまれに、

「スミマセン、日本人デスカ」

と話しかけられることがあります。

アイルランドではマイノリティー言語である日本語。
話せる人はそういないのですから、日本語を習っている・習ったことのある人は、ネイティブ・スピーカーを見かけたら話しかけてみたいと思うのでしょう。

今日、お友達のMちゃんが街を歩いていたら、

「スミマセン、日本人デスカ」

と話しかけられたそうです。
かつて日本のNOVAで講師をしていたというスーツ姿の中年男性で、日本人を見かけたので、久しぶりに日本語を話したくなったのだとか。

なかなか流暢な日本語を話す彼、Mちゃんが、

「で、今はこちらで何をしてらっしゃるんですか」

と質問したところ、

「弁護士サンデス」

と真面目に返されて、ぶっ飛んだそうです。(笑)

この話に大いにウケた私ですが、私自身もおかしな英語を発してはアイルランド人にさ~っと引かれることが多々あるので、人のことばかり笑えません…!

アイルランド人は、少々たどたどしい外国人の英語でも、辛抱強く聞いてくれる人が多く感心します。私も見習って、

「スミマセン、日本人デスカ」

の声を聞いたら、怪しがらずにきちんとした受け答えをしてあげようと思いました。


関連記事

コメント

しえ

なおこさんこんにちぱ~

最近、アイルランド留学関係の記事を書いたのだけど、
そこに「誰にでも話しかけちゃうフレンドリーなアイリッシュ」と
「言葉のつたない外国人でも暖かく迎え入れてくれる」という
くだりが出てくるの。

なおこさんの記事を見て、あたくしの記事内容は間違っていないことを
再確認することができました~。ありがとう~~\( ̄▽ ̄)/

naokoguide

しえさんへ
こんにちは!
英語がつたない外国人にも、わかるまでずっと付き合ってくる人が多くて、偉いな~といつも思います。
でもアイリッシュも日本へ行くと、同じように「日本人って本当に親切~」って思うみたいですよ。嬉しいですよね。
きっと、親切は親切を呼ぶのでしょうね~。

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ