FC2ブログ

ダイアナの庭に咲くブリーディングハーツ

以前から欲しかったハート型の花、ブリーディングハーツ(bleeding hearts)を植えてみました。
鉢植えでは可哀そうかな…とこれまで手を出さずにいましたが、先月、スーパーマーケットのガーデニングコーナーにひと袋だけ売れ残っていた宿根を見つけ、なんだか縁を感じて購入してしまいました。
可愛らしい花とは似ても似つかない、しなびたショウガみたいな根っこ。ちゃんと芽が出るのだろうか…との不安な気持ちをよそに、植えて間もなく葉が出てきて、ふさふさ茂ってきたと思ったらあっという間に花房を付け、気がついたらもう咲き始めていてびっくり。

bleedingheart0321
ドラマチックなネーミングですが、花の形を見れば納得。ハート型の下に伸びる長い花弁を、「heart=心臓」から「bleeding=血が滴る」と例えたのですね

咲きそろうとこんな可愛らしい姿になります。

bleedinghartswikipedia03212
ハートのペンダントみたい💓💓💓

bleedinghartswikipedia0321
花色は赤やピンクのほか、白もあるよう。写真は2枚ともWikipedia(Lamprocapnos)より

ブリーディングハーツは『赤毛のアン(Anne of Green Gables)』に出てくるので、子どもの頃から名前だけは知っていました。
ダイアナの家の古風な花壇にある花。深紅のシャクヤク、香り高き白スイセン、とげは多いけど可愛いスコッチ・ローズ、ピンク・ブルー・白と色とりどりのオダマキ…などに交じって、風そよぐ木陰に「ばら色の(rosy)ブリーディングハーツ」が咲いているのです。(第12章)
なんて素敵な名前の花、いったいどんな花なんだろう…とずっと想像していましたから、アイルランドに来て初めて知人の庭でホンモンを見た時には大感激しました。
まるで、ギルバートが仲直りのしるしにアンにあげた(でも、アンが粉々に踏みつぶした!)「You are sweet」のハート型のキャンディを花にして咲かせたみたい!

ブリーディングハーツの和名は、「ケマンソウ(華鬘草)」、「タイツリソウ(鯛釣り草)」など。う~ん、どちらもなるほど…とは思うけれど、だいぶイメージ違ってきますね。
やっぱり私は、仏様や魚より、ハートがいいかなあ。(笑)

ちなみにダイアナの家の庭に植えられている花ですが、子どものときは身近にはないものばかりでしたから、こんな庭は夢の夢…って思っていたけれど、今見ると、どの花も手に入りそう。ご近所にでもありそうな花壇です。
アイルランドも経済成長してガーデニングが盛んになり、手に入る花の種類が格段に増えましたから、今なら『アン』の庭をある程度再現できるような気がします。ダイアナの家の庭、へスターグレイの庭、イングルサイドの庭…と夢はふくらみますが、私には肝心の「庭」スペースがないのが難点。(笑)
今のところは軒下の鉢植えでちまちまと楽しみ、ダイアナの家のように貝殻で小径を作れるような庭は、いつかきっと…!

pansiesrialtocottages0321
狭いスペースを最大限に利用して、バラの大鉢にパンジーやプリムローズを植えこんだり、バラの木陰に小さな鉢を置いたりしています♪
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規】 2021年4月24日(土)
→お申込み・詳細はこちら

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ