FC2ブログ

記事一覧

トリニティー・カレッジ総長公邸を見学

オフ・シーズンになると、ガイド協会(AATGI)のメンバーを対象としたさまざまな見学ツアー、レクチャーなどが行われます。
今日は、トリニティー・カレッジのプロボウスト・ハウス(Provost Houseの見学。この建物は一般公開しておらず、年に一度だけツアー・ガイドを30名限定で招待してくれるのです。

provost2

プロボウスト(provost)とは大学総長のこと。
ここは1760年代に、当時の総長フランシス・アンドリューの時代に建てられた大学総長公邸。現在も大学のプライベートなセレモニー、レセプションに使用されています。

18世紀のダブリンは、ロンドンに次ぐ第2の都市として大変な繁栄を見せていました。
その時代はジョージアン時代(「ジョージ」という名の英国王が4代続いたため)と呼ばれ、ダブリンには当時の建築物が多く残っています。

このプロボウスト・ハウスも、華やかなりしジョージアン・ダブリンの遺産のひとつ。
ジョージアン建築の特徴である、天井の見事な漆喰装飾、螺旋階段、シックなパステル・カラーなどが素晴らしい状態でよく残されていました。

provost2
階段を上っていくにつれ、見えてくる天窓。まるで空へと上っていくような感じ

provost3
リボン状の可愛らしい漆喰装飾

見学の後は、オールド・ライブラリーでミニ・レセプション。
「ケルズの書」の展示で有名なこの図書館は、私たちガイドにはお馴染みの場所。夏のシーズン中、毎日のようにお客様をお連れする場所のひとつです。
20万冊の古書と、過去の偉人たちの胸像に囲まれていただくワインは格別のお味…!
年に一度の、ガイドだけのお楽しみでした~。

provost1
プロボウスト・ハウス外観(こちらのHPより)

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~各45分・無料お試し回+全6回
ライブ配信終了・見逃し配信購入→こちら

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
→無事終了・ありがとうございました!

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ