FC2ブログ

マツユキ草とスノードロップ

snowdrops

『森は生きている』という童話をご存知ですか?
わがままな女王が春にしか咲かない「マツユキ草」を欲しがり、摘んできた者には金貨を与えるとのおふれを出します。これを知った意地悪なおばあさんに命じられて、雪深い真冬の森へ花を探しに行く女の子のお話。
(あらすじはこちら

確か学校か公民館で劇を見たのが最初だったと思いますが、妖精が出てきたり、魔法によって季節が変わっていくシーンがなんとも幻想的で、今でも強く心に残っています。

森の精が咲かせてくれた「マツユキ草」って、きれいな名前。一体どんな花なんだろう…。
どうも日本の田舎にはないようだったので、仕方なく友達と、黄色い福寿草を「うそっこに、これがマツユキ草ね!」ということにし、「森は生きているごっこ」をしていたものです。(笑)

大人になってヨーロッパに来るようになり、私のイメージそっくりの「マツユキ草」を見つけた時にはとても感激しました。
その花の名は「スノードロップ」。まるで森の精の化身のように愛らしいこの花を、「私のマツユキ草」ということにしました。

今年もスノードロップの季節がやってきました
写真は、おとといパワーズコート庭園で、今年初めて見つけた一株。空気はまだ冷たいけれど、大地にはもう春がやってきているんですね。

つい最近になって、スノードロップの日本名が「マツユキ草」であることを初めて知り、衝撃を受けました…!
昔読んだ立原えりかさんの童話に、パリに咲くリラの花を見たいと憧れながら、近所に咲くライラックの花を素通りしていたという話があったのを思い出して、ひとり苦笑してしまいました。(笑)

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ