FC2ブログ

記事一覧

ディングルに行ったら、また行きたいベイカリー!(BÁCÚS)

今回のディングル(Dingle Town, Co. Kerry)滞在中、私たちが連日通ったベイカリーがあります。
BÁCÚS BHRÉANAINNという店名。バークース・ブリーニン…と発音するのでしょうか。
ディングルはゲールタクト(アイルランド語を話すエリア)なので、「BÁCÚS」とはベイカリーの意味のアイルランド語。シンプルに「パン屋さん」という名前のパン屋さんです。

bucusdingle09202
チーズ屋さん、本屋さん、ジュエリー屋さん、陶器屋さん、アーティストのギャラリー…と地元の食とクラフトの店がズラリ並ぶグリーン・ストリート(Green Street, Dingle Town, Co. Kerry)にあります。コロナ禍のため小さな店内に入店できるのは一度に一組のみ、入り口で並んで待つのもまた楽し♪

bucusdingle09207
窓辺のディスプレイを見ているだけでワクワク

このベイカリーの噂は以前から聞いていました。ディングル半島の小さな村のキッチンで毎日少量手作りされるパンやケーキはほっぺたが落ちるほどおいしく、周辺の限られたカフェやパブ、マーケットでのみ食べたり買ったり出来ると。
徐々に作られる量も種類も多くなり、2年前の夏、ディングル・タウンについにショップがオープン。滞在するたびに買いに行くものの、サーフィンに行っている間に閉まってしまったり、日曜日でお休みだったり…とタイミングが合わず、私にとっては長い間「噂のベイカリー」でした。

今回は9:30~15:30(売り切れ次第終了、日曜日休み)のオープン時間を事前に調べて、(サーフィンより優先させて!笑)朝いちばんに行きました。
サワードウブレッドやスコーンはもちろん、ケーキやペイストリーもあれこれ買ってみんなで食べてみましたが、パンのおいしさはもちろん、私がいちばん感動したのは洋ナシ&チョコレートのフランジパーヌと、チェリーと洋ナシのペイストリーでした。

bucusdingle09203
ディングルを後にする日の朝、たくさん買ってダブリンに持ち帰ってきました!バゲットもめちゃくちゃおいしくて、ダブリンまでの帰り道、運転しながら半分くらい食べてしまった。おかげで車内がパンくずだらけに(笑)

bucusdingle09204
昨晩自宅に着いてから食べた洋ナシ&チョコレートのフランジパーヌ。フランジパーヌとはカスタードクリームやアーモンドクリームを使った焼き菓子のことを言うようです。洋ナシとチョコレートという組み合わせが斬新かつ、驚くほどマッチしています

bucusdingle09206
今朝はチェリーと洋ナシのペイストリーを朝ごはん代わりに♪ シンプルな見かけですが、ほっぺたが落ちるほど…とはまさにこのこと

あとまだギネス&チョコレート・ケーキが残っています。あー、明日のおやつが楽しみ。
パンは冷凍できるので、バターミルク・ローフやスコーンも買ってくるべきでした。また行かなくては!

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ