FC2ブログ

記事一覧

『アンという名の少女』が見せてくれる「新しい」アン

『赤毛のアン』をベースに、カナダCBCとネットフリックスが共同制作したドラマシリーズ『アンという名の少女(Anne with an "E")』が、9月6日(日)夜11時よりNHK総合で放送されると聞き、ついに私もネットフリックスで視聴しました。

私のアン好きはアイルランド人の親しい友人たちの間でも知るところとなっているので、2017年の本ドラマ配信時より「ナオコ、当然見てるでしょ」と言われ続けてきました。
主役のアン役を演じたエイミーべス・マクナルティ(Amybeth McNulty)がアイルランド出身なので、こちらのメディアでも取り上げられていましたし。
ところが、これはアンを愛する人たちに共通の気持ちかと思いますが、原作が好きすぎて、もしくは「私のアン」のイメージが強すぎて、ちょっとでも違うと拒否反応が…(笑)。日本人だからお米が好きでしょ、と長粒米を出されるとまったく手をつけられない…というのと同じで、「似て非なるもの」こそいちばん受け入れがたいのです。

でも、日本で放送されたらアン仲間みんながその話で盛り上がるだろうから(おそらく突っ込みを入れつつ!笑)、その輪に入れないのはイヤ!と思い、ついに重い腰を上げて見始めたところ…。

『愛の不時着』の不眠不休で16話いっき見…に迫る勢いで、シーズン1の全7話を2日間くらいで見ちゃいました!
3年間も拒否していたくせに、第一話から号泣(笑)。いや~、このアン、私はかなり好き。不朽の名作の中に封じ込まれていたアンが一世紀のときを越え新たな生命を吹き込まれ、再び輝きだした…とでも言いましょうか。
もちろんモンゴメリ原作のオリジナルのアンも十分に輝いているのですが、原作にはないアンの心の闇、葛藤、女性としての成長、自立がリアルに描かれた本作品に「本当のアン」を見たような思いがしたのでした。

annewithanenhk
このポスターはステキですね。蝶は亡くなった人の魂であるとか、復活のしるしと言われますので「新生アン」のイメージにぴったり。今回のアンは、世界名作劇場のアニメ以来はじめて私のイメージどおりのアンかも!

ネタバレになるので抽象的な表現となりますが、作品の創り手の深い『赤毛のアン』読解が素晴らしいと思いました。原作にズバリ書いていないけれど真実はそうだったかも、ということを恐れず深読みして再現したり、光の子アンのダークサイドや、原作では埋没している社会の闇や弱者をクローズアップしている点にも共感します。
かと言って原作を否定しているわけではなく、名場面、名セリフもちゃんと織り込まれているのがいい。原作どおりのアン独特の言い回しの数々が、先日の読書会に向けて再読したばかりだったのでより耳に残りました。年配の登場人物がよく言う(おしゃまなアンもときどき言う)「Much obliged」(「ありがとう」のちょっと古めかしい言い方)とか、アンがよく言う「scrumptious」(「すてきな」の意味の形容詞。アン独特の大げさな言葉のチョイス)が頻出したりして、旧知のアン・ワールドとのギャップを巧みに埋めてくれました。
(NHKの放送は吹き替えだそう。どんな訳になるのでしょう)

音楽にもはまりました。オープニング曲の「アヘッド・バイ・ア・センチュリー(Ahead by a Century)」がとてもいいので調べてみると、カナダでは有名なザ・トラジカリー・ヒップ(The Tragically Hip)というオルタナティブ・ロック系バンドの90年代のヒット曲なんですね。
挿入曲にはケルト音楽調の調べもあります。
(サントラが出てました→オリジナル・サウンドトラック アンという名の少女

そのほか、ギルバートが冬にステキなアラン模様のセーターを着ている点にも注目。(アイルランドっぽいものがあると取りあえず反応してしまいます・笑)

アン役のアイルランド出身のエイミーべス・マクナルティ(『若草物語』をやってもいいような名前!)についてですが、お父さんがアイルランド人、お母さんがカナダ人で、アイルランド北西部ドネゴール県のレタケニー(Letterkenny, Co. Donegal)で生まれ育った女の子です。(現在18歳)
学校に通学せずホームスクーリングで育ち、幼い頃から地元の劇団やアイルランド公共放送のドラマに出演していたそう。
オーディションで1800人の候補者の中からアン役に抜擢され、華々しくメジャー・デビューしたものの、ドラマのトレーラーが公開されるや否やオンライン上で容姿に関する意地の悪い批判にさらされたそうです。当時15歳だった彼女は相当ショックだったようですが、心配させまいと親には言わず、「演技を見てもいないのにひどい!」と断固として立ち上がり、シーズン2配信に当たってのインタヴューでは「私の演技を好まない人がいても仕方ない。でも、してしまった演技を変えることは出来ないし、私に批判を向けても無駄なのでやめてください」ときっぱり言っているのが素晴らしい。エイミーベス演じるアンの繊細さや強さは、彼女本人のものでもあったんですね。
‘The comments were just so nasty towards me - it really hit me’ – Anne With an E star Amybeth McNulty on dealing with criticism online(Independent.ie)

シーズン3をもって終了した本ドラマに続き映画も2本撮り終えているエイミーベスは、女優としての道を着実に歩んでいるようです。新作のうちの一作は『Maternal』というスリラー映画で、なんと1985年の映画『赤毛のアン』でアン役を演じたミーガン・フォローズ(Megan Follows)が監督をつとめているというから驚き。ミーガン自らがエイミーベスを気に入って起用したそうで、新旧2人のアンの夢の共演シーンもあるのだとか。(新型コロナ禍の影響でしょうか、公開はまだ未定のよう)
ミーガン・フォローズのアンを見たのは中学生が高校生のときで、実写のアンを見るのが初めてだったので印象に残っています。数年前、アイルランド西部のアッシュフォード・キャッスルで、NHK-BSなどで日本でも放送されたドラマ『REIGN(邦題:クイーン・メアリー 愛と欲望の王宮)』のロケ現場に遭遇、出演者にカトリーヌ・ド・メディチ役のミーガンの名前を見つけ、アンとニアミスだ~と大興奮しました(笑)。
残念ながらミーガンはその日はいなくて会えなかったのですが。

…とここまで書いてからシーズン2を見始めたら、原作とあまりにも乖離していくので、『風と共に去りぬ』における別の作者の続編『スカーレット』を読んだ時のような気持ちになっています。
このまま見続け大丈夫なのだろうか、このドラマ。シーズン2、3を観たら、私の感想も変わるかも…ですが、さてどうなるでしょうか。(笑)

関連記事

スポンサーリンク

コメント

No title

こんにちは!山下さんのブログで「赤毛のアン」への思いを拝見し子供の頃にさらっと読んだ記憶しかなかった私は、本を読み返そうかな~なんて思ってました。

でも今日のブログを読んで、ドラマで観られる!と知りました。

今週末からなんですね!!!楽しみ、しかもアン役の女優さんがアイルランド出身と聞いてますます興味を持ちました!!!

今から忘れないように録画予約します笑

今から楽しみです😆

草野めぐみさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。
このドラマ、とてもいいです。ぜひお楽しみに♪
でも原作とは違う部分も多いので、お時間のある時に小説も読んでみてください。私は村岡花子さんの訳で親しみました。

そして、手っ取り早いお勧めは、1979年の世界名作劇場アニメ。最近日本で再放送されていたそうですが、これ、DVDを買うと高いんですよ。ところが最近、全50話すべてYouTubeにあるのを発見してしまいました。しかも英語のサブタイトル付き。(こっそりシェアします↓)
https://www.youtube.com/watch?v=i7jtG0T1qTg&list=PLZj8Ng7r6i0xGAglZgdtpT_1VXwGzcaO4

この春あまり出かけられない時期に毎日見ては、ごーごー泣いていました(笑)。

ドラマのアン見たら、また感想聞かせてくださいね!

ドリーはこんな子

こんにちは いつもアイルランド通信を楽しみにしています。
次回の読書会のテーマが『アンの青春』だと聞きました。
アンのアワテモノの性格が良くわかる「ドリー事件」のあのドリーがどんな牛さんなのか。
アドレスを知らないのでNaokoさんに直接メールが送れません。私のHPに「ドリーのページ」を作りました。  

   http://kemanso.sakura.ne.jp/ireland.htm

2週間ほどサーバーに置いておきます。
さて、残るはジンジャーですね。

9月6日 台風の日 
そのせいで『アンのいう名の少女』の放映は延期されました。カナシイ。

Re: ドリーはこんな子

Yamaさん、今度の台風も大変なようですね。皆さんがご無事でありますように。

ドリーのお話し、ありがとうございます!
読書会にご参加の皆さんにもシェアさせていたきますね。

ジンジャー。いったいどんなオウムなのか。私の中ではカラフルな色のイメージだけど、そんなこと書いてあったかしら。読み返してみます!

No title

山下さん、こんにちは。
アンという名の少女、見ました!!!

コメントにあったように、先週末のNHKでの放送が1週伸びてたので(その時にはなぜかわからなかったのですが💦)

結局ネットフリックスで字幕で観ました。

とてもよかったです。本当に面白く、1話から号泣でした笑

赤毛のアンも、せっかくなのでとネットで本も購入し、これから読もうと思っています。

これから毎週日曜の夜が楽しみになりました(#^.^#)

草野めぐみさんへ

めぐみさん、こんにちは。
ほんと、よく作られたドラマで感心しますよね。プリンスエドワード島の赤土の崖の景色なんかも素晴らしいですし。

私はシーズン2に入り、見る速度ががぜん落ちました(笑)
原作とあまりにかけ離れていて、アンも私の知らないアンすぎてちょっとついていけなくなってきた…。カスバ―ト家はともかく、バリー家なんかもう別モノで…笑
雇人のジェリーと、ギルバード見たさになんとか見続けている感じです。シーズン1が良かった…

青い瞳

直子さん、こんにちは。『アンという名の少女』観ましたよ。
ドラマの感想は最後まで観て観ないと分かりませんが、主役のエイミーべス・マクナルティ(Amybeth McNulty)の、青い瞳が印象的でした。アイルランド出身ということですが、私が訪れてきたアイルランドの西海岸で出会った少女たちの瞳の色と同じでした。挿入曲もアイルランド調のものが多く、良いですね。
 これから毎週日曜日の夜が楽しみです。

Re: 青い瞳

Wadaさん、こんにちは!コメントありがとうございます。
そうですね、アイリッシュ・ブルーの瞳。さすが、Wadaさん、着眼点がプロですね!
アイルランド西海岸にああいう瞳と面差しの少女、よくいますよね。
エイミーべスはお父さんがアイリッシュ、女の子はお父さん似になることが多いから、いかにもアイリッシュの外観を受け継いだのかなあ、って思って観てました。
これからWadaさんとドラマの感想をシェア出来そうで嬉しいです♪

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ