FC2ブログ

千の風になって

私がこの詩のことを初めて知ったのは、昨年の夏のこと。
アイルランド北部の旅の途中、デリーの街へ立ち寄った際に、Pearlさんに教えていただいた(←詩の全文もこちらにあります)のがきっかけでした。

世界各国の終戦記念日や戦没者慰霊祭などで朗読され、遺族の心を慰め続けてきたこの詩ですが、長い間、作者は不明とされてきました。
さまざまな説が唱えられ、IRAの兵士だった若者が「自分が死んだら開封してください」と両親に託した手紙に、この詩が記されていたこともあったそうです。

最近では、この詩の原作者はアメリカ人のメアリー・フライ(Mary Frye)という女性であるとされているようです。1930年代に、ヒットラー政権下のドイツで母親を失った友人のために書いたものだそう。
「母の墓標に立ってさよならを告げることも出来ないのがつらい」と泣き崩れる友人を目の前にして、どうにか慰めようととっさにペンを取って書き連ねたものだとか。
著名な詩人ではなく、市井の人から自然に生まれ出たメッセージである「千の風」。この詩が時代も国境も越えて人々の心を打つのは、作為的に創作されたのではなく、心の声を絞り出すかのようにして生まれ出たものだからなのでしょう。

日本でも、日本語の訳詩とメロディーがつけられ、今や大晦日の紅白歌合戦に登場するほど有名になったこの詩。
阪神淡路大震災よりちょうど12年経った今日、その追悼集会でも「千の風」のメロディーが演奏されていました。
それを聞きながら、「ああ、あれから12年も経つのだな」としみじみ感じ入ったわけですが、震災で幕を開けた1995年は、私にとっても忘れられない年でした。
12年前の今日、神戸にいた父に連絡がつかず、燃えさかる神戸の街をテレビで見ながら心配して過ごしたこと、震災が直接の原因ではなかったものの、その半年後に突然他界した父…。
その他に身内の出産や結婚式など嬉しいニュースも多く、今思い返してみても、実にさまざまなことの起こった不思議な一年でした。

震災の直後に産まれ、その愛らしい姿で悲しいはずの父の葬儀を和ませてくれた従姉妹の子が、今年中学生となります。
月日の流れの速さに驚くと共に、千の風となって今日の私たちを見守ってくれているたくさんの魂に、心から感謝したいと思います

関連記事

コメント

しょこみやぎ

風は渡る
ナオコさんご無沙汰してます。
リンクさせていただいてる沖縄の宮城です。
奇しくも、今日、私もブログで千の風のコトを書きました。
年末に聴いて以来、ずっと心にとどまっていた詩です。
心から、平和でありますように。
みなが幸福でありますように。
祈るのはただそれだけです。
ナオコさんにとって素晴らしい一年になりますように。

メジロ

心に沁みました
ナオコさん、初めてコメントします。
年末七草でお世話になったメジロです。
あれから毎回ブログ楽しみに読んでいます。
千の風の経緯とともに、震災当時神戸にいらしたお父様のこと、心に沁みました・・・
アイルランド人っぽい、天草のお父様ですよね。
きっとアイルランドの自然の中にも、お父様がいてくれるのだと思います。
では夏のアイルランド目指して私もがんばります。



naokoguide

しょこみやぎさんへ
私の方こそ、すっかりご無沙汰していてすみません~。
この詩のことは、いつか書きたいな~とずっと思っていました。しょこみやぎさんと同じ時にアップしていたなんて・・・。なんだか、想いがシンクロしたみたいで、とっても嬉しいです。いいコトありそう~。
しょこみやぎさんにとっても、穏やかで楽しい一年となりますように!

naokoguide

メジロさんへ
初コメント、ありがとうございます。
そうですね、アイルランドにいると、父が近くにいてくれるような気がしています。妖精の帽子とかかぶってたりして・・・(笑)。
アイルランドでの再会、楽しみにしていますね!
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ