FC2ブログ

記事一覧

『風と共に去りぬ』と関連書を読む日々

次の土曜日のアイルランド・カルチャー講座に向けて、ここ数日、自分の情報や知識のファクトチェックのために『風と共に去りぬ』と関連書に目を通しています。
映画を2度観し、小説は長く親しんだ大久保康雄氏の訳を離れ、鴻巣友季子さんの新訳で読んでみました。作者マーガレット・ミッチェルの伝記『タラの道』の気になる部分を読み返し、英文の参考文献を2冊チェック。そして今日は続編の『スカーレット』を読み返しましょう…と思ったら、4巻ある文庫の後半2冊がどうしても見つからない!そこがアイルランドが舞台となる、いちばん重要なところなのに。
幸い原書が電子化されていたので、キンドルでダウンロードして英文で読むことが出来ました。ああ、良かった。

gonewiththewindandhilloftara0720
この3冊以外はすべてキンドルで。便利な時代になりましたね、ありがたい…

講座でお話しするのはオハラ家のアイルランドのルーツやタラの丘に関することで、『風と共に去りぬ』の作品論を展開するわけではないのでこんなにあれこれ参照しなくてもよいのですが、ついつい…。
映画を初めて観たのは小学生のとき、小説を読んだのは比較的遅くて大学生くらいだったでしょうか。何十年にもわたり繰り返し観たり読んだりしていても、やはり新たな発見がいろいろあるものですね。第1回の講座で皆さんを震撼させてしまったアイルランドの妖精バンシーも小説に出てきていました!

毎回の講座内容はだいたいがふだんガイディングの際に繰り返しお話ししていることなのですが、あまりに何回も話しているともはや出所がわからなくなり、自分が勝手に作り話をしているかのような気になることがあります(笑)。
今回こうしてプレゼン形式でお話するにあたり、情報や知識を再確認したり、別の切り口から検証したりする良い機会をいただいたと思っています。自然に口をついて出てくる数字やエピソードが本や資料に正しくあるのを見て、ああよかった、私の作り話じゃなかった…とほっとしたりして(笑)。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
6月20日(土)~無料お試し回+全6回
毎週土曜20:00~(各45分)
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月
→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月
→詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ