fc2ブログ

まだまだ続く…おうちでベイキング♪

ホーム・ベイキングが止まりません(笑)。簡単な焼き菓子なら、見た目は不格好でも家で作る方がずっとおいしい。
砂糖の量を少な目にしたり、材料も自由に調節できますし。

お菓子作りの上手な日本人のお友達が、アイルランドの小麦粉やバター、卵を使って、日本のレシピで作るのがいちばんおいしい、と言っていたことがあります。
この2か月いろいろ作ってみましたが、確かに彼女の言う通りかもしれない。

今日はアイリッシュストロベリーのベイクド・ヨーグルト・チーズケーキに初挑戦しました。
お友達のインスタ写真があまりにおいしそうだったので、レシピを教えてもらって。

strawberrybakedcheesecake0520
近所の食材屋さんで見事なアイリッシュ・ストロベリーが手に入りました🍓

生クリームの代わりにヨーグルトを使うせいか、さっぱり。今日も外は22度と暑いので、冷たく冷やして夏らしいデザートになりました。
近所の友人宅へおすそ分けしたいけれど、アイルランド人はベイクド・チーズケーキはあまり好きではないんですよね…。

私はふわふわのスポンジより、パウンドケーキ系のずっしりした焼き菓子の方が好みなので、超簡単なバナナケーキのレシピを応用していろいろ作っています。よくリピートしているのが次の2つ。

applewalnutscake0520
ブラムリー・アップルのケーキ。クルミ、レーズンを入れて

applewalnutscake05201
同じものをパウンド型で作ったとき


bananachococale0520
バナナとチョコレートのケーキ

bananachococale05202
切るとこんな感じ。この日はホットケーキミックスの残りを混ぜたので、ちょっとふにゃふにゃした食感になってしまいました

この2つは基本の材料は同じで、バター、砂糖、小麦粉は100グラムずつ、卵は大きさにより1~2個、アーモンドパウダー大さじ3くらい、ベイキングパウダー小さじ1。型が大きい時はそれを1.5~2倍にしています。
パウンドケーキがバター、砂糖、小麦粉、卵をそれぞれ1パウンド(約454グラム)ずつ使うことに由来していると知り、なーんだ、材料はすべて等分でいいんだ!ってそれを基本にするようになったら、すべてが楽になりました(笑)。

おいしいものを食べ続けられるように、明日も頑張って走りますー。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

秋のケルト市!
2023年10月29日(土)
映画『ウルフウォーカー』解説上映
詳細はこちら

拙著販売&サイン会!
2023年11月27日(月)京都
ルナサ来日コンサート会場にて
詳細はこちら

2023年12月2日(土)東京すみだ
2023年12月3日(日)所沢
ケルティック・クリスマス会場にて
詳細はこちら

岡山市にて講演!
2023年12月9日(土)
→詳細は追ってお知らせ致します!

東京・銀座にて講演!
2024年1月14日(日)
→詳細は追ってお知らせ致します!

新規オンライン講座!
→詳細は追ってお知らせ致します!

過去のオンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ