FC2ブログ

麦の穂を揺らす風

アイルランドで見逃してしまった映画、『麦の穂を揺らす風(The wind that shakes the barley)』を東京で観ました。

1920~22年、英国支配からの独立を目指してのゲリラ戦線と、それに続く内戦の時代のカウンティー・コーク。銃殺、反逆、拷問など、戦争で起こる目を覆いたくなるような恐ろしく悲惨なシーンが繰り返し映し出され、観終わった後もなんともやるせない気分からなかなか立ち直れませんでした…。

歴史上の出来事として伝え聞いていたアイルランドの動乱の時代の悲劇が目の前にまざまざと映し出され、ほっとする間もなく、また辛く重い場面へ。
アイルランドを舞台にしてはいるものの、伝わってくるメッセージは普遍的なもので、平和な時代に生まれ育った私には想像を絶するような体験や感情を、思い切り疑似体験させられました。

印象的だったのは、英国=悪、アイルランド=善という一元的な描き方ではなく、支配する英国側にも時折、人間らしさが見えたこと
主人公デミアンを殴りつける英国人軍曹は、自分もソンム戦線で仲間を失ったと言い、支配国の人間であってもやはり戦争の犠牲者であることを物語っています。
また、父親がアイルランド人であるという兵卒がデミアンたちを脱獄させてくれるのですが、これこそ敵・味方の区別は国が勝手に決めたものでしかないことを物語っています。(味方であった同士だって最後には殺し合いを始めてしまうのですから)

映画のタイトルと同名のレベル・ソング(rebel song=英国への抵抗を歌う歌)がバックに何度が流れたのですが、私はむしろ、主人公デミアンの兄が拷問を受けている間に同胞たちが歌い続けたアイルランド国家の方が耳に残り、これからはこのシーンを思い出さずにアイルランド国家を聞くことは出来ないかも…。

戦争の悲劇、支配国と被支配国の問題、愛国心、自己への忠誠心などなど、考えさせらることの多い作品でした。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)
20時~・75分間・見逃し配信あり
詳細・お申込み→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ