FC2ブログ

記事一覧

ブレンダン・グラハムさんの新曲「The Watch Man(見守る人)」

コカリナ奏者として国内外でご活躍の黒坂黒太郎さん。私と同郷で、高校、大学の大先輩でもある黒坂さんとのアイルランドでの出会いとご縁については、折に触れてこのブログでもご紹介させていただいています。

その黒坂さんよりご連絡を頂戴し、アイルランドにいらしたときにお訪ねした小説家・作詞家のブレンダン・グラハム(Brendan Graham)さんの新曲をお知らせいただきました。
ブレンダンさんは、日本でもケルティック・ウーマン(Celtic Woman)の歌声でヒットした「ユー・レイズ・ミー・アップ(You Raise Me Up)」の詞を書いた方です。
(黒坂さん、ブレンダンさんとの馴れ初めやご縁や書いた過去ブログ→コカリナが奏でるアイルランドの歌「涙と希望の村」 by 黒坂黒太郎さんコカリナ・コンサート、大盛況!上田高校同窓生 コネマラに集う


黒坂さんのブログ。写真は2014年にブレンダンさんのコネマラのご自宅へおじゃましたときのもので、左からブレンダンさん、黒坂さんの奥様・周美(かねみ)さん、黒坂さん。ご一緒して私が撮影したものです、懐かしい…

このパンデミック禍で、ブレンダンさんが想いを込めて作った曲。ぜひ日本で歌ってください、とブレンダンさんからのご依頼を受けて、黒坂さんが日本語訳をつけてご紹介くださっています。
今後、奥様の周美(かねみ)さんが歌い、黒坂さんがコカリナで演奏して日本で広めてくださるそう。
まるで天使のようなイーマー・クイン(Eimear Quinn)さんの歌声と、黒坂さん訳のブレンダンさんの詞をぜひお楽しみください。



黒坂さんは上記ブログでこうおっしゃっています。

「コロナ禍から子ども守る」と言ったとき、出てくるのは「教育の遅れ」「運動不足」などの言葉がほとんどですが、もっと大切なことがあるのでは?と思い続けていました。
子ども達がこの嵐の中で大人に求めているモノはもっと違うところにあるので?と。
それをブレンダンさんのこの歌が解き明かしてくれたような気がしました。
お聞きになってみてください。そしてできれば子ども達に届けてください。


私も黒坂さんと同じようなことを思いました。
そして、「The Watch Man(見守る人)」は神様とか、サンタクロースみたいな無償の愛を注いでくれる人のことかもしれないけれど、もしかしたら今、私たち人間もお互いに「The Watch Man」になり合って、見つめ合い、心を重ね合う時なんですよ、というメッセージのようにも感じられました。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★岡山市にて講演
2020年10月
詳細は追ってお知らせします!

★福岡市にて講演
2020年12月
詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ