FC2ブログ

記事一覧

夕暮れのリフィー川ウォーク

sunsetrunalongtheliffy0420
夜8時過ぎ、空も川面も見事なオレンジ色に染まりました

アイルランドの新型コロナウィルスの再生産数(1人当たりが生み出す二次感染者数)が、ついに1人を下回りました。
数値を割り出す方法は4パターンあるそうですが、いずれの方法でも1人~0.7人とのこと。
感染者数、死者数はまだ増加していますので収束が近いとはとても言い難いですが、トンネルの向こうのかすかな光が初めて見えた気がしました。半径2キロ以内の外出制限がしかれて2週間半経ち、効果が現れ始めたようで嬉しい。

そんなかすかな希望あるニュースを胸に、今日は夕暮れ時にジョギングに出かけました。
ここ数日のアイルランドは素晴らしいお天気で、春を通り越して初夏の陽気。きれいな夕日が見たいと思い、6時のニュースを見たあとで、いつもより長めのジョギング。
お決まりコースのウォー・メモリアル・ガーデン(戦没者慰霊庭園、The Irish National War Memorial Gardens, Dublin 8)を走り抜け、リフィー川沿いのウォーキング&サイクリング道へ。
あまりに美しい夕暮れで走り抜けてしまうのがもったいなくて、友人エリザベスに電話をかけておしゃべりしながら、川沿いは走らず景色を楽しみながらゆっくり歩きました。

sunsetrunalongtheliffy04205
川面に影を落とす白鳥

sunsetrunalongtheliffy04204
薄暮に輝く対岸のしだれ柳の新緑がきれい

sunsetrunalongtheliffy04203
まるで印象派の絵画のよう

sunsetrunalongtheliffy04202
徐々にオレンジ色に染まり、線香花火がぽたり落ちるように沈んでいきました

ロックダウンのおかげで、アイルランドの空気は今、戦後75年でもっとも澄んでいるそうです。
制限が解除される前にこの空気をいっぱい吸って、きれいな空をたくさん眺めておこうと思います。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

グリーンンフラッシュが

こんにちは。
直子さん、(と呼ばせてください。なにしろあなたが高校生のころから知っているので)おめでとう!
コロナのせいもあって空気が澄んでいるのですね。波長の短い緑閃光まで見ることが出来たのはとっても珍しいことですから。
この緑の光を見た人は、幸せになると言われています。画像を拡散しましょう。

コブハクチョウがゆるゆる寄ってきて、挨拶してくれませんか。オオハクチョウやコハクチョウに比べてとっても人懐こいのがこのコブハクチョウ。
篭脱けのコブハクチョウ5羽に取り囲まれて、バッグやポケットのなかに、あの長い首を突っ込まれたことがありました。おまけに手を舐められて分かったことは---口のなかはざらざら。猫の舌よりもざらざら。餌を狙っていたのですね。(@霞ヶ浦)

Re: グリーンンフラッシュが

Yamaさん、ありがとうございます!
グリーンフラッシュは気がつかなかったのですが、何度撮っても光の筋が方々へのびてしまって。まるで灯台のライトみたいだなあ、って思っていました。光線がのびる方向が写真を撮るたびに変わるので。
これは珍しいことだったんですね!

コブハクチョウと言うのですね。おっしゃる通り、ゆるゆると近づいて来てくれました!
アイルランドは冬の寒さが厳しくないので、ハクチョウは越冬せずずっと同じ場所にいてくれます。なんと、口の中はザラザラなんですね!(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★岡山市にて講演
2020年10月
詳細は追ってお知らせします!

★福岡市にて講演
2020年12月
詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ