記事一覧

アルスター・ブレックファーストはここが違う

昨日より、お2人のお客様のプライベートなツアーをご案内させていただいています。今朝は「朝食もご一緒に」とお誘いいただき、ダブリン市内の素敵なホテルでアイリッシュ・ブレックファーストをご一緒にいただきました。

ジュース、シリアル、フルーツ、ヨーグルトなどに続いてサービスされるフル・アイリッシュ・ブレックファーストの定番は、目玉焼き(orスクランブルorポーチド・エッグ)、ベーコン、ソーセージ、焼きトマト、ブラック&ホワイト・プティング(豚の血や雑穀の腸詰)、マッシュルームなど
これを、焼きたての薄っぺらいトーストと、紅茶orコーヒーと一緒にいただきます~。

ふと、先日、北アイルランドで食べたアルスター・ブレックファーストを思い出しました。(アルスター=北アイルランドを含むアイルランド北部7カウンティーの地域名)
基本的には同じブレックファースト・プレートなのですが、北アイルランドに行くとアルスター・ブレックファーストと名前を変え、上記の定番に加えてもう2品、ポテト・ブレッドソーダ・ブレッドが加わります。

ulsterbreakfast
手前の三角→ポテト・ブレッド、奥の三角→ソーダ・ブレッド(ベルファーストのThe Old Rectoryにて)

ポテト・ブレッドはその名もそのまま「じゃがいもパン」。もっちりとした食感で、日本人の私たちにはなかなか好ましい味です。
ソーダ・ブレッドは、イースト菌で発酵させる代わりに重曹(ソーダ)を入れて焼いたパン。オーブンが各家庭に普及していなかった時代に、暖炉で焼いていた昔懐かしい素朴なパンです。

この伝統的な2品は、アイルランドの昔の食生活を語る上で欠かせないもの。それが今では共和国サイドでめったお目見えせず、北アイルランドでしか出てこない。北アイルランドの人にこれを言ったら、「あら、南では出ないの?」とびっくりしていました。
時々こんなふうに、ローカル色豊かな食べ物や習慣が北アイルランドでのみ継承されている場合があり、面白く思います。

いずれにしても、アイルランドのブレックファーストがたっぷりしていることは北も南も同じ!
今朝の朝食は特においしくて、ついつい食べ過ぎてしまった私たち。ランチはいただけずに、昔のアイルランド人のように「一日二食」となってしまったのですが、返ってヘルシーだったかも…!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ