FC2ブログ

記事一覧

紅葉…見つけた!

先日、「赤い実」のことを書きましたが、「赤い葉」、いわゆる紅葉はアイルランドはイマイチ…というのが、長い間の私の認識でした。落葉樹はそれなりにあるものの、木の種類&気候のせいで、真っ赤に染まるのはツタの葉くらい。

ところが、今年の秋は葉が赤くなっている木をいつもより目にするような気がする…。そんなことを思っていた矢先、近所をランニング中にサクラの葉が赤く色づいているのに気が付きました。

kouyodublin1119
きれい!思わず足を止めて写真を撮りました

私の故郷・信州ではサクラの木は真っ赤に紅葉しますが、アイルランドでは多くが緑→黄色→赤くならずに枯れて落ちてしまいます。アイルランドではサクラの赤い葉は見られないと思っていたので、秋晴れの空にキラキラ輝くのを見て感激。

ところで、葉が赤くなるのに必要な条件は以下の3つだそうです。(こちらのサイトを参照しました→生きものワンダーランド/Q.秋(あき)になると葉(は)っぱが赤くなるのは なぜ?

①日中の天気が良いこと(赤い色素となる糖分は光合成によって作られるため)
②昼と夜の寒暖の差があること(夜の気温が高いと昼間作った糖分を使って木が活動してしまうため、あざやかな赤にならない)
③適度な雨や水分があること(乾燥しすぎると葉が紅葉する前に枯れてしまう)

確かに今年の秋は、例年に比べ①②の日が多いように思います。③についてですが、昨日は一日中土砂降り、今日は晴天…と、このところ激しい雨とカラリ晴れた日が交互に繰り返されているので、その結果、いつものシトシト降ったりやんだりする天気よりも「適度」な水分が保たれているのかもしれません。

とは言っても、同じ木なのにまだ黄色にさえなっていない葉っぱも。やっぱりアイルランドの紅葉、日本と違ってなんだか自由だなあ(笑)。

kouyodublin11192
陽当たり具合などで差が出るのでしょうか。緑→黄→赤のグラデーション状態もなかなかきれいです

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
★長野県青木村にてトーク・イベント
2019年11月16日(土)10:00~15:00
会場:ふるさと公園あおき
詳細はこちら青木村産業祭2019&新そば祭り
関連ブログ記事→こちら

★島根県松江市にてトーク・イベント
2019年11月24日(日)14:00~16:00
会場:松江城内 興雲閣
詳細&ご予約はこちら絶景とファンタジーの島 アイルランドへ Talk plus Music
関連ブログ記事→こちら

★東京都内にて旅カルチャー講座
2020年1月12日(日)13:30~15:30
会場:土屋グループ銀座ショールーム
詳細は追ってお知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ