fc2ブログ

花火、爆竹鳴りやまぬ…ハロウィーンの夜

haloween20192
このカボチャのランタン、シンプルだけど、なんだか怖い…笑(本日お客様をご案内した、Slane Castle, Co. Meathにて)

ハロウィーンの夜。外では、パーン、ヒュルヒュル~、バンバン…と、おびただしい数の花火や爆竹音が鳴り響いています!
先ほど激しい雨が降り、これで止まるかな…と思いましたが、雨がやむとまた始まりました。今、夜の10時過ぎですが、まだまだ鳴りやむ気配はありません…。

私の住んでいるところは、どちらかというとダブリンの下町。10月に入るや否や、爆竹音があちこちから聞こえ始め、ハロウィーン本番の今夜、最高潮を迎えているよう。
ダブリンの下町のハロウィーンはこんな感じです。消防車が一年でいちばん出動する日(笑)。
そういえば夕方暗くなった直後には、仮装した子供たちが2組ほど、我が家の玄関をノックして、「トリック・オア・トリート!」とお菓子をもらいに来ましたよ。用意しておいて良かった♪

アイルランドの昔の暦では、10月31日が大晦日。古いモノから新しいモノへ…と移り変わる時間の隙間をぬって、死者の霊が降りてきたり、悪霊や魔物が現れると考え、魔除けに火を焚いたり、恐ろしい仮面をかぶったりしたのが、現代のハロウィーンの起源です。(→ハロウィーンの起源はアイルランド?

今日は終日ボイン渓谷(Boyne Valley, Co. Meath)へお客様をご案内したのですが、各地でハロウィーンの飾りを目にし、楽しかったです。

haloween20194
あんまり怖くないオバケ(Gresham Hotel, O'Connel Street, Dublin 1にて)

haloween20193
交通整理中のドラキュラ。ホンモノの人?…と思いましたが、急カーブで減速するよう促すため、手が上下に動く人形…でした!(Droghedaの街にて)

haloween2019
ハロウィーンは収穫祭のお祭りも兼ねていました。カボチャ、麦の穂など秋を象徴する飾りがされます(タラの丘のショップにて)

haloween20198
こちらは週末に行った、ダンファナフィー(Dunghaghy, Co. Donegal)のカフェにて。巨大なクモが天井に

そして、極めつけはこちら。ラグビーワールドカップ記念、カボチャのランタン!

haloween20195
今回のW杯で引退したローリー・ベスト主将(→涙、涙、涙…さようなら、ローリー・ベスト!

haloween20196
そして同じく惜しまれつつ引退したジョー・シュミット監督。顔のしわまでカボチャに刻まれてる(笑)。Merchantile Hotel(Dame Street, Dublin 2)のバーにて、お友達のRさん撮影

それにしても、これだけ花火や爆竹を鳴らせば、オバケも悪魔も日をあらためて出直すでしょうね(笑)。
怪我や事故がないといいのですが。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ