fc2ブログ

アイルランド~日本、直行便が就航するかも?

昨日飛び込んできたこんなニュース!

New route from Dublin Airport would be one of longest direct flights in world (Dublin Live)
(=ダブリン空港からの新航路、世界最長の直行便のひとつに

アイルランド~日本の直行便が、両国の政府間で検討されているというのです。

今、アイルランドのシェーン・ロス(Shane Ross)運輸・スポーツ大臣が日本を訪問中ですが、ラグビー観戦のためだけに行ったのではなかった(笑)。
来年の東京オリンピックの視察に加え、日本の赤羽国土交通大臣と会談。両国間の直行便を促進する文書に、両大臣がサインしたとのことです。

ダブリン~東京の飛行距離は約10000キロ。現行のアイルランド発の最長ルートは、イーストバウンドが香港の9824キロ、ウェストバウンドがロサンゼルスの8300キロですから、それを超える最長距離となります。
ちなみに日本発の最長フライトはメキシコシティー行きかと思いますが、10000キロをゆうに超えているはず。ヨーロッパ線はイベリア航空のマドリッド行きが最長で10770キロ、フライト時間は13時間強~14時間強(偏西風の影響で東へ向かう時の方が飛行時間が短かい)ですが、ダブリン~東京の飛行時間も同じくらいになるのではないかと思います。

折しも一昨日、カンタス航空が世界最長となるニューヨーク~シドニーのテスト飛行を行いました。飛行距離は16200キロ、19時間16分でシドニーに到着したそうです。
世界はますます近くなりますね…怖いくらいに!

アイルランド~日本の直行便の可能性は、これまでも噂レベルでは耳にしていましたが、正式なニュースとして公にされたのは初めてだと思います。
直行便が就航して便利なることを良しとするか、それとも、行き来しやすくなることで日本マーケットの価格競争が激化し、質が下がるという弊害が生じるのか…。観光の現場、それも最前線(!)にいる私としては手放しで喜んでいいニュースなのか微妙ですが、実現するとしても早くて2022年ということですから、いろいろな変化が生じたとしてもそれも時代の流れ…として、対応していくしかないですね!

それにしても、直行便で日本~アイルランドが結ばれる日が来るとは。その点では感無量…です。

cliffsofmoherreainbow1019
大西洋に出現した虹の柱。海の向こうはアメリカ、カナダ、大西洋航路の歴史は長いアイルランドですが、ついにイーストバウンド(東行き)に目が向く時代がやってきたのですね。昨日、モハーの断崖(Cliffs of Moher, Co. Clare)にて

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

【新規】オンライン講演!
『赤毛のアン』で歩くケルトの島・アイルランド
2022年1月14日(金)16:00~
詳細・お申込み→こちら

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ