fc2ブログ

FNNプライム「EU離脱はラグビーには手出しはできない」

今年2月、アイルランドのラグビー事情を切り口に英国のEU離脱問題をTV取材してくださるということで、当地でのコーディネートをさせていただいたことがありました。
(※過去ブログ→FNNニュースで北アイルランド国境問題…これからオンエアです!FNNニュース アイリッシュ・ラグビーと「EU離脱」

その時に取材に訪れてくださったFNNロンドン支局の立石修支局長が、ラグビーワールドカップ開催中の今、TVニュースでは伝えきれなかったことを含めて、取材内容を再び記事にしてくださいました。アイルランドがニュージーランドと対戦する今週末の準々決勝に向けて、ぜひご一読下さい!

「EU離脱はラグビーには手出しはできない」紛争を乗り越え引き継がれるアイルランド“統一チーム”の魂(FNN PRIME)

ラグビーを切り口にしたこの取材は、私がぜひ!とお願いして、立石支局長に来ていただいたものです。北アイルランド紛争の間も断絶することなく、「統一」アイルランドで代表チームであり続けたアイリッシュ・ラグビーの真髄を、ワールドカップ前にぜひ日本の皆さんにも知って欲しかったので。

この時に取材にうかがったバンブリッジRFCやバリメナRFCでは、地元の皆さんに大変よくしていただきました。バリメナでは試合前の昼食会にもご招待いただき、試合を観戦、その後の飲み会も取材させていただき、とても楽しいひとときでした。(その時のことはいずれご紹介します!)
当地の人々の熱い想いを感じたあの取材から6か月。ラグビーワールドカップとEU離脱交渉は、奇しくも時を同じくして重要な局面を迎えています。立石支局長が記事の中でおっしゃる通り、選手たちがいつまでも「共に肩を組み(Shoulder to shoulder)」、「アイルランズ・コール」を歌い続けられることを願うばかりです。

ballymenarfc02191019
取材の日に私たちが観戦したのは、北アイルランドのバリメナRFCとアイルランド共和国のオールドウェズリーの対戦。勝利したのは国境を越えて試合に訪れたオールドウェズリー(黒のジャージ)。ワールドカップで、勝敗を分けた選手同士が花道をつくって送り合う「ノーサイドの精神」が話題になっていますが、この日も負けたバリメナ(白&赤のジャージ)の選手たちが悔しさをにじませながらも花道をつくって訪問チームを送り出す姿が印象的でした

関連記事

コメント

ようはっぱ

うんうん。
そうですよねー。
ラグビーの精神を体現しているんじゃないかなあと思っています。アイルランド代表は。
どうなるのか、どうするのか、ほんま。
発信するメディアの力は大切だと思うので、引き続き取り組んでいただけるとありがたいです。
離脱問題で選手の方達が振り回されないように願っています。

naokoguide

Re: うんうん。
ようはっぱさん、読んでくださりありがとうございます。
アイルランドのラグビー代表は勝ち負けだけではない、政治に振り回されない、友好と平和の象徴みたいなものだと私は思っています。これからもそれは変わることはないでしょう。
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ