FC2ブログ

記事一覧

新オープンのアイルランド文学博物館「Moli」

数日前のことですが、先月ダブリンに新しくオープンしたアイルランド文学博物館(Museum of Literature Ireland, Dublin 2)を見に行ってきました。
頭文字を取って、「Moli(モリ)」と呼ぶようです。

moli101916
セント・スティーブンス・グリーン(St Stephen Green)南面にある、19世紀のニューマン・ハウス(Newman House)を博物館として公開。ジェイムズ・ジョイスのバナーが出ています

ニューマン・ハウスは、1854年創立のカトリック教徒のための大学校舎だった建物。初代総長、聖ジョン・ヘンリー・ニューマン(Saint John Henry Newman)にちなみ、そう呼ばれています。

当時のダブリンには1592年創立のトリニティー・カレッジ(Trinity College)がすでにありましたが、そちらはプロテスタントの子女を教育するための大学で、カトリック教徒の入学は許されていませんでした。19世紀にカトリック解放の動きが顕著になり、別の大学を…ということで開かれたのがこちら。
現在ダブリン南郊外に広大なキャンパスを構えるUCD(=University College Dublin)の前身となった学校で、1940年代に移転するまで、ここがUCDの本校舎でした。キャンパスはシティセンター各所に点在していて、現ナショナル・コンサート・ホールやガバメント・ビルディングなどもUCDの校舎だったそう。(ニューマン・ハウスは現在もUCD所有)

そんなわけで、この文学博物館の常設展は、UCDの栄えある卒業生であるジェイムズ・ジョイス(James Joyce, 1882 –1941)を主にクローズアップしています。

moli101914
入り口を入るとジョイスの顔が

moli1019
19世紀の室内装飾が見事。支柱で支えられていない階段がスゴイ

最初の部屋は大学の歴史や変遷の展示。数ある古い写真の中に、UCD在学中の若き日のジェームズ・ジョイスを発見。

moli10192
左から2番目がジョイス。ド近眼だったことで知られるジョイスですが、まだこの頃はメガネをかけてない!メガネをしていないジョイスを見たことがなかったので、博物館員の係員さんにどの人がジョイスなのか聞かなくてはなりませんでした

moli101911
写真に写っているトネリコの大木は、今も窓の外に見ることが出来ます

次の大きな部屋は特別展で、その時ごとに展示内容が変わるそう。

moli101913
今はケイト・オブライエン(Kate O'Brien)というリマリック出身の作家についての展示でした

moli101910
裏庭に出てみました。先ほどの写真のトネリコの大木はここにあり、ベンチに座ってくつろげるスペースも。裏から見るニューマン・ハウスの建物も瀟洒なレンガ造りで素敵

上階はジョイスの生涯と、代表作『ユリシーズ(Ulysses)』などに焦点を当てた展示。ジョイス好きにはたまらないでしょう。

moli10198
『ユリシーズ』と、ジョイス自身のゆかりの地が記されたダブリン・マップ

moli101912
1912年の日付の入った、ジョイスからW.B.イエーツに宛てた貴重な手紙。手紙の中でジョイスは、年上の文豪イエーツに、『ダブリナーズ』の出版に力を貸して欲しいと懇願しています

さらに上階へ進むと、パリの街とアイルランド人作家のコーナー。ジョイスはダブリンを舞台にした作品を書きながらも故郷のダブリンには住まず、ヨーロッパの別の都市に暮らしました。ジョイスも住んだパリの街の景色と、そこに足跡を残したアイルランド人作家たちが写真パネルで展示されています。

moli10199
当然、オスカー・ワイルドも登場

そしてハイライトは、『ユリシーズ』初版本の展示。ガラス・ケースの中にうやうやしく置かれていました。

moli10197
ジョイスのパトロンであった女性、ハリエット・ジョー・ウィーヴァ―(Harriet Shaw Weaver)より、アイルランド国立図書館に寄贈されたもの。ジョイスの直筆で、初版の日でありジョイス自身の誕生日でもある「1922年2月2日」の日付が記されているそう

moli10196
moli10195
こちらは隣りの展示室にあったジョイスの直筆原稿。上が『ユリシーズ』、下が『フィネガンズ・ウェイク』

そのほか写真は撮りませんでしたが、アイルランドの作家たちの顔写真とプロフィールがオブジェのようにヒラヒラしている部屋や、言葉にこだわった作家たちにちなんでか、英単語が壁一面に映ったり消えたりする部屋などもあり。
ジョイス以外の作家については「現物」はなく、全体的にジョイス博物館…といった印象が強いです。直筆の手紙や原稿は見たことがなかったので、私は感激しました。

地下にはミュージアム・ショップとカフェがあります。博物館内は静かでしたが、カフェは大変なにぎわいでびっくり。

moli10193
ロースト・ビーフ入りのウォーターフォード・ブラー(白パン)のサンドイッチを。ゴルゴンゾーラ・チーズ入り、が目に入り、ジョイスにちなんでこれを注文!(『ユリシーズ』に主人公ブルームがゴルゴンゾーラ・チーズのサンドイッチを食べるシーンがあるので♪…ブルームが食べた場所はデイビー・バーンズ(Davy Byrnes)ですが)

館内の階段の上り下り口の壁に、文豪の言葉が記されているのも文学ファンには嬉しい仕掛け。地下にあるトイレに行く階段には、『ユリシーズ』から次の言葉が。

moli10194
「ミーティング・オヴ・ザ・ウォーターズ(Meeting of the waters)」と言ったら、『ユリシーズ』を知る人にとってはトイレなのです!(トーマス・ムーア作の詩のタイトル。トリニティー・カレッジ正門脇のムーア像のふもとに、かつて公衆トイレがあったので…笑)

ダブリンの新しい名所。ジョイスが好きなら、ぜひ行ってみてください。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
★長野県青木村にてトーク・イベント
2019年11月16日(土)10:00~15:00
会場:ふるさと公園あおき
詳細はこちら青木村産業祭2019&新そば祭り
関連ブログ記事→こちら

★島根県松江市にてトーク・イベント
2019年11月24日(日)14:00~16:00
会場:松江城内 興雲閣
詳細&ご予約はこちら絶景とファンタジーの島 アイルランドへ Talk plus Music
関連ブログ記事→こちら

★東京都内にて旅カルチャー講座
2020年1月12日(日)13:30~15:30
会場:土屋グループ銀座ショールーム
詳細は追ってお知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ