FC2ブログ

記事一覧

シン・リジー結成50周年記念切手!

一昨日のパブでのラグビー観戦後、私がまっしぐらに向かった先はG.P.O.(General Post Office=中央郵便局)。
1970年代にブレイクしたダブリン出身のロックバンド、シン・リジー(Thin Lyzzy)結成50周年の記念切手の発売日だったからです!

thinlizzystampsgpo10193
切手のデザインは2種類。フィル・リノット(Phil Lynott、1949-1986)と、リジ―のファンにはお馴染みの『Black Rose』のアルバム・カヴァー。ダブリン出身のアーティスト、ジム・フィッツパトリック(Jim Fitpatrick)作ですね

thinlizzystampsgpo10195
数日前、自宅のポストに入っていた郵便局からのチラシ。帰宅したらポストにフィルがいて、きゃー!…って感じでした(笑)

自分用に1シート買い、ギフト用に初日カバーなどを何点か購入。An Postのサイトよりオンラインでも購入できます。→An Post:50th Anniversary of Thin Lizzy

thinlizzystampsgpo10192
10月3日の消印入り初日カバー

今年が50周年だとしたらバンドの結成は1969年ということになりますが、シン・リジーとして活動を開始したのは1970年1月なので、結成50周年記念イヤーは本当は来年…らしい。元バンド・マネージャーのテリー・オニール(Terry O'Neill)さんが「1年早すぎるんじゃないですか?」とクレームしたそうですが、An Post(アイルランド郵政省)は訂正しなかったそう。
これに対してテリーは「ボリス・ジョンソンやドナルド・トランプじゃないんだから、強引に押し切らずに訂正しろよ!フィルもムカついてるに違いない」とコメントし、郵政省は「バンド結成の日付ではなく、結成の話が出た時点から計算しました」と苦しい言い訳をしています。(笑)
Thin Lizzy anniversary stamps 'wrong by a year'(Irish Independent)

LIZZY-STAMP-FAMILY-MX-1
フィルの元奥さんや娘さん、娘さんの子供たち(フィルの孫…ってことだ!)が招かれてセレモニーが行われたそうです。みんな嬉しそうだからまあ、いいか。写真いちばん左の男の子なんか、フィルの面影ありますよね(写真は上記記事より転載)

6月に永眠されたフィルのお母さん、フィロミーナさんがいらっしゃらないのが返す返すも残念。

この日、G.P.O.の開館時にはリジーの切手を求める人で列が出来たそう。私が立ち寄ったのは午後でしたが、それでも「リジーの切手が今日発売と聞いたんですが…」と窓口で尋ねる人がひっきりなし、といった感じでした。
私の前に2シート購入したオジサマがいたのですが、ああ、フィルが生きていればこのくらいの年齢なんだなあ…といった年恰好。彼の青春時代はリジーと共にあったのかしら、なんて想像をめぐらせてしまったのでした。

夜には招待客限定で、バンドのドラマー、ブラアイン・ダウニー(Brian Downey)による演奏もあったそうです。

thinlizzystampsgpo1019
フィルの顔をかかげたステージが準備されていました

※フィル・リノットに関する過去ブログ
さようなら、フィル・リノットの母・フィロミーナさん(2019年6月記)
ダブリンにてフィル・リノット展開催(2011年3月記)
ジョイスの「ダブリン」とフィル・ライノットの「ダブリン」(2008年12月記)
フィル・ライノットのお墓参り(2008年8月記)

スポンサーリンク

コメント

切手

素敵な切手!こんな切手が存在するなんてダブリンにいたかったです♪(^_^)
帰宅したポストにこんなチラシが入っていたら、うれし、びっくりーーーです!!!
きれいな写真、そして、50周年にまつわる話題のこと、知ることが出来てよかったです!
ほんと、フィルの孫!も含めて一族の皆さんがほんとにいい笑顔で、よかった・・・って思いました。
ママが真ん中にいて欲しかったですが、天国で笑ってるかもしれませんね。
ああ、ほんとに、いい記事をありがとうございます。まだまだフィルはダブリンっ子(大人だけど(^_^))の心の中に生きているんですね。

Re: 切手

フィルの孫の写真は初めて見ました。そうですね、みなさん、幸せそうな笑顔。
リジーの曲は今も普通に耳にするし、ダブリンでは永遠のレジェンドです!

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★島根県松江市にてトーク・イベント
2019年11月24日(日)14:00~16:00
終了、ありがとうございました!
関連ブログ記事→こちら

★東京都内にてトーク・イベント
2020年1月11日(土)14:00~16:30
会場:ワテラスコモンホール
詳細&ご予約はこちらアイルランド旅フェア「現地ガイドが語る、ヨーロッパ最果ての島アイルランドへの誘い ~ケルト、妖精、イエーツゆかりの地を巡る~」
関連ブログ記事→こちら

★東京都内にてトーク・イベント
2020年1月12日(日)13:30~15:30
会場:土屋グループ銀座ショールーム
詳細&ご予約はこちら旅カルチャー講座 第17回 『絶景とファンタジーの島 アイルランドへ行こう!』
関連ブログ記事→こちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ