FC2ブログ

記事一覧

バターの風味いっぱい!ケリーゴールドのショートブレッド

アイルランドを代表するバターのメーカー、ケリーゴールド(Kerrygold)印のショートブレッドがとてもおいしくて、見つけると買いだめしてして、おやつにいただいています♪

Kerrygoldshortbread1019
長さ25センチ位の箱入り。ケリーゴールドのバターと同じ、白黒のフリージアン(=ホルスタイン)種の乳牛のロゴが目印。ひと箱225グラム、9個入りです

Kerrygoldshortbread10192
直径7センチ位の丸いショートブレット。年間通して生草を食べて育つ牛のミルクから作られるバターが、おいしさの秘訣!

アイルランド産のおいしいショートブレッドはほかにもいくつかあるのですが、やはりバター会社製造なだけあって、バターの風味が格別に際立つのがこちら。
もっとキメが細かい方が好みならシーモアズ(Seymours)、よりサクサクが好みならリズモア・ビスケット…ですが、ケリーゴールドはその中間くらい。万人に好まれる、ショートブレッドらしい味わいと食感のビスケットです。
ほかの2ブランドに比べると、ひと箱の値段が手頃なのが嬉しい。(店により違いますが、€3.50位)

このケリーゴールドのショートブレッド、どこで買えるのか…ということですが。探すと意外にないんですよね…。スーパーマーケットなどにありそうですが、意外に見かけないのです。
上述のシーモアズやリズモアは高級食材を扱うスーパー、ファロン・アンド・バーン(Fallon & Byrne, Dublin 2)やドラード(Dollard & Co. Dublin 2)、アヴォカ(Avoca, Suffork Street, Dublin 2)のフード・コーナーなどで買えますが、ケリーゴールドは値段設定が庶民的なためか、そういう店には置いていませんし。

昨日お見送りしたツアーのお客様の中にも、ぜひ買いたい!という方が数名いらしたので、シティーセンターに数か所あるお土産ショップ、キャロズのウェストモーランド・ストリート(Carrolls, Westmoreland Street, Dublin 2)店へご案内しました。ここには通常、たくさん置いてあります!

そのほか、サフォーク・ストリートのセントラ(Centra, Suffork Street, Dublin 2)でも時々みかけますが、在庫が少ないことが多いのが欠点。
SuperValuというスーパーマーケットでも扱っているようですが、観光客に便利なシティセンターに店舗がないので買いにくい…。
周遊ツアーなどで南西部キラーニーのマクロス・ハウス(Muckross House, Killarney, Co. Kerry)へ行く方は、そこのギフトショップにたくさんあるので買いだめに便利です!

おいしいので、箱をあけると止まらなくなり、ついつい食べ過ぎてしまうのが難点…。
今日はコーヒーをお供に、なんとか3個で止めました!(笑)
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
6月20日(土)~無料お試し回+全6回
毎週土曜20:00~(各45分)
→詳細&お申込みはこちら

★岡山市にて講演
2020年10月
→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月
→詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ