FC2ブログ

夏の名残りのバラ咲く、ティナキリー・ハウス

tinakilly0819
ピンク色のカップ咲きのイングリッシュ・ローズがきれいに咲いていました

夏が再来したかのような素晴らしいお天気が続いています。季節の変わり目も乗り越え、「インディアン・サマー(Indian Summer=小春日和)」の到来でしょうか。

この2日間、ご案内中のO様とウィックロウの瀟洒なマナーハウス、ティネキリー・ハウス(Tinekilly House, Rathenew, Co. Wicklow)に宿泊していました。
19世紀に大西洋横断電線を海底に設置するという大事業を成し遂げたグレート・イースタン号(The Great Eastern)の船長、ロバート・ハルピン(Robert Halpin)大尉の屋敷として建設されたビクトリア時代の大邸宅。
2005年には日本の上皇上皇后両陛下が訪れ、ランチをお召し上がりになりました。
(詳しくは過去ブログ参照→ビクトリア時代の夢の邸宅、ティナキリー・ハウスアイルランドで母のバースデー(ティナキリーハウス)天皇陛下とアイルランド

tinakilly08198
品の良い調度品に囲まれたレセプション・ホール

tinakilly08199
どの窓からも緑の木漏れ日が。O様のお部屋からは海が海が見晴らせました

tinakilly08194
「ティネキリー」とはアイルランド語で「森の家」。庭園にはリスやウサギも飛びまわっています

そろそろ夏も終わり…というこんな時期でも、アイルランドではまだまだバラがよく咲いています。おそらく2番花でしょう、夏の名残りを惜しむかのように懸命に花開いている様子が印象的でした。

tinakilly08193
冒頭のピンク色とは趣きの違う、淡い黄色のバラ。屋敷の壁をはうツタはそろそろ色づき始め、秋の到来を伝えていますね

3コースのディナーも楽しみました。ここでは過去に何度も食事させていただいていますが、最近より洗練されて、おいしくなった気がします。

tinakilly08195
ブッラータ・チーズ、マンゴー、ルッコラのサラダ

tinakilly08196
8オンス(約220グラム)のフィレ・ステーキ

tinakilly08197
デザートはバッションフルーツのパンナコッタを。メニューではココナツのシャーベット添えでしが、ココナツがあまり好きではないので、ハニーコムのアイスクリームに変えてもらいました

大きすぎず小さすぎず居心地のいい規模、落ち着いたたたずまい、内装やお庭の雰囲気など、アイルランドに数あるマナーハウスの中でも特に好みのお屋敷のひとつ。
仕事とはいえ、こんな素晴らしい秋晴れの時にゆっくり滞在させていただき幸せでした♪

tinakilly08192
玄関口でネコが日向ぼっこ

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規】 2021年4月24日(土)
→お申込み・詳細はこちら

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ