fc2ブログ

歌の「キャリックファーガス」はここ?

一昨日よりリピーターのお客様、O様ご夫妻をご案内させていただいています。
前回ご一緒したのは3年前。グループの周遊ツアーで主要な名所はご覧になられたので、今回は、前回行かなかったO様のご興味のある場所をめぐる、ご夫婦お2人のプラベートご旅行です。

昨日はベルファーストの北20キロ程の海沿いの町、キャリックファーガス(Carrickfargus, Co. Antrim, Northern Ireland)を尋ねました。
『キャリックファーガス』というよく知られたアイルランド民謡があり、同名のこの町が舞台ではないか、ということで。

carrickfergus08193
12世紀築城のキャリックファーガス城

carrickfergus08192
キャリックファーガスは1690年、ボイン川の戦いにおもむくウィリアム3世王(オレンジ公ウィリアム)が上陸した地。上陸300周年に建立された等身大の銅像(等身大にしてはちょっと小さい気がするのですが…)

carrickfergus0819
ボイン川の戦いでのウィリアム3世の勝利でアイルランドの権利が地に落ち、苦難の歴史が…。王様ご一行が到着した港がここ

「I wish I was in Carrickfergus(キャリックファーガスにいたらなあ)」で始まる歌の前半は海にまつわる歌ですが、3番の歌詞には地理的に離れた南東部のキルケニー(Kilkenny)が登場するので、歌の舞台が確実にここであるとは断言できないようですが、哀愁漂うバラードは内陸より海沿いの方が雰囲気がしっくりきますよね。

O様がお好きなケルティック・ウーマン(Celtic Woman)が歌う「キャリックファーガス」

ちなみに英国のウィリアム王子が2011年のご結婚を機に叙された爵位は、「キャリクファーガス男爵」だそうです。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

拙著販売&サイン会!
2023年11月27日(月)京都
ルナサ来日コンサート会場にて
詳細はこちら

2023年12月2日(土)東京すみだ
2023年12月3日(日)所沢
ケルティック・クリスマス会場にて
詳細はこちら

滋賀・彦根にて講演!ブログ参照
2023年11月28日(火)
12:50~ ※オンライン参加可
「緑の島アイルランドの魅力」 詳細はこちら

岡山市にて講演!ブログ参照
2023年12月9日(土)
10:45~/13:00~
「モンゴメリ作品をケルトで読み解く」 詳細はこちら

東京・アイルランド大使館にて講演!ブログ参照
2024年1月12日(金)
10:30~/14:00~
「アイルランドの集い~北アイルランドを中心に魅力を語る~」
詳細はこちら

東京・銀座にて講演!ブログ参照
2024年1月14日(日)
13:30~ ※オンライン参加可
「アイルランド春夏秋冬の魅力」
詳細はこちら

新規オンライン講座!
→詳細は追ってお知らせ致します!

過去のオンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ