FC2ブログ

記事一覧

スティービー・ワンダー in ダブリン!

TVのロケハンが終了し、5時間ドライブしてダブリンへ。久しぶりにダブリンで過ごす夜、友人たちと連れ立ってスティービー・ワンダーのコンサートへ行ってきました!

steviewonder3arena07193
少し早めに集まって、コンサート会場近くのイタリアン・レストランでディナー。総勢10名程の友人、そのまた友人たちと連れ立って、いざ、会場の3アリーナへ

チケットが発売されたのは4月頃。その時点では私は行けるかどうか五分五分でしたし、スティービー・ワンダーの曲は「I Just Called to Say…♪」くらいしか知らないしなあ、なんて思っていたのですが、大ファンを自称する友人スティーブンを筆頭に仲良しの友人がみな行く!と盛り上がっているので、じゃあ私も…と取り合えずチケットだけは予約しておいたのでした。(友人アンマリーが発売時間にPC前でスタンバイして、私の分もゲットしてくれました!)

そんなことで、みんなと久しぶりに会えるのは楽しみでしたが、コンサートそのものにはそれほど気持ちが盛り上がっていなかったはずが…。バンドメンバーの女性2人に介添えされて世界のスティービーがステージに登場してきたとたん、予期せぬ感激がこみあげてきて、なんだか涙がこぼれそうに!
これが世に言う「オーラ」というものなのでしょうか。まだ歌ってもいないのに、説明のつかない感情に全身が包まれ、ステージの上の彼に目が釘付けに。

steviewonder3arena07192
ステージ中央左、スポットライトが当たっているのがスティービー

steviewonder3arena0719
バッググランドの色やデザインが変わり、観客のリストバンドもそれに合わせてチカチカ

steviewonder3arena07194
スティービー、立ち上がってハーモニカ吹いています!

自分でも驚いたことに知っている曲ばかりでした。この曲もあの曲もスティビー・ワンダーだったのね…というくらい、耳慣れたナンバーが次々に。マイケル・ジャクソンやデヴィッド・ボウイのカバーも演奏され、会場はノリノリに。
コーラスの女性たち&男性ひとりのソロの熱唱も素晴らしかったです。

そして、子供の頃から耳にしてきた「I Just Called to Say I Love You」を生で聴けたのには感激しました。80年代に日本でも大ヒットし、「心の愛」の邦題で知られた名曲。私の中ではスティービー・ワンダー、イコールこの曲だったから。


思わず動画を撮りながら、大声で熱唱!

ちなみにスティービーのバンドには日本人ギタリストの方がいるのですね。最後のメンバー紹介で「ヨウヘイ・ナッカムラ~」(中村陽平さん)と紹介された時は、同じ日本人として誇らしかったですね。
写真では小さいけれど、スティービーの向かって左後ろで演奏しているのが中村さん。2013年からスティービー・バンドに参加しているそうです、すごいですね。→中村陽平さんのインタビュー記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
島根県松江市にてトーク・イベント予定
2019年11月23日または24日
→詳細は追ってお知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ