FC2ブログ

シャノン空港のラグビー像、「アイルランドを変えた日」

シャノン空港の出発ターミナル。
アイルランド南部のラグビー・チーム、マンスターの本拠地リムリック(Limerick)に近い空港なだけに、マンスター所属だった3人のラグビー・レジェンドの銅像が。

rugbylineoutstatureshannonairport0719
見事なラインアウトの瞬間!ドナカ・オキャラハン(Donnacha O'Callaghan)とジョン・ヘイズ(John Hayes)に持ち上げられるポール・オコンネル(Paul O'Connell)

これはアイルランドのラグビー史に燦然と輝く、2007年のシックス・ネイションズの対イングランド戦。英国からの独立戦争のさなかの1920年、「血の日曜日事件(Bloody Sunday)」で30人が犠牲となった因縁のクローク・パーク(Croke Park)で、アイルランドがイングランドに歴史的な大勝利をあげた、あの試合での一コマです。
先人の恨みをフェアプレイで晴らし、国民の涙を誘った一世一代の大試合でした。
(なつかしい当時のブログ→6ネイションズ、対イングランド戦に向けて!対イングランド戦の大勝利!

rugbylineoutstatureshannonairport07192
銅像のタイトルは、「アイルランドを変えた日(The Day That Changed Ireland)」

あれから12年。振り返ってみると、あの日、あの勝利をもって英国支配への恨みつらみに幕がおろされ、未来に向かって前進する新しい時代にシフトしたような気がします。
歴史をも揺るがすアイリッシュ・ラグビー。3か月後に迫った日本でのワールドカップでの活躍が楽しみです!

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ