FC2ブログ

記事一覧

トロリ肌に優しいピート・ウォーター(ハービーズ・ポイント)

ドネゴールのハービーズ・ポイント(Harvey's Point, Co. Donegal)に滞在中。
アイルランドに数ある高級カントリー・ホテルの中でいちばんのお気に入りをあげてください、と言われたら、迷わずここを選ぶでしょう。お客様も気に入ってくださり、ここに宿泊することをお勧めして本当に良かったです。(→過去ブログ:湖畔の隠れ宿、ハービーズポイント

ところで、ハービーズ・ポイントの客室のバスルームの蛇口をひねると、こんな色の水が出てきます。

harveyspoint0619peatwater2
ほんのり茶色に濁った水…

これはボグ・ウォーターまたはピート・ウォーターと言い、泥炭地を流れてくるせい。ボグまたはピートとは泥炭の意味です。(土壌にある状態をボグ、掘り出して燃料になった状態をピートと呼び分けることも)
アイルランドの国土の14%を占める泥炭地は、ハービーズのあるカウンティー・ドネゴールの特徴的な景色のひとつ。ハービーズでは色つきの水をあえて浄化せず、地元らしさを感じさせる「名物」にしているのです。

harveyspoint0619peatwater
バスルームに置かれた説明書きによると、ピート・ウォーターには泥炭から流れ出たミステリアスな化学成分が含まれているのだそう。色があってもきれいな水で、酸性

ソフトで肌に優しいともありますが、ピート・ウォーターの湯舟につかったらお湯がトロリと温泉水みたいで、確かに肌がつるつるになったかも。
泥炭スパも存在するくらいですから、肌に良いミネラルが含まれているのかもしれませんね。

ハービーズ・ポイントは家族経営をウリにしたホテルでしたが、創業30周年を迎えた今年、新オーナーに売却されました。
これまでの居心地の良さが変わってしまったら残念…と少々危惧していましたが、お部屋も食事も雰囲気もこれまで通りの素晴らしさ。安心しました。

harveyspoint06193
美しいエスケー湖(Lough Eske)に面した、静かな環境にあるのが魅力

harveyspoint0619
本館ベッドルームが巨大、体操教室でもしたいくらいの広さ。レイクショアと呼ばれる棟のお部屋(400番台の部屋)も、ここまでの広さではありませんが、リビングとベッドルームが分かれていて、湖に面したロッジ風のたたずまいでステキです

harveyspoint06192
食事も品よくおいしい。今日はステーキをいただきましたが、しっかりした赤身ながらとろけるようなやわらかさでした♪

明日はいよいよチェックアウトですが、居心地が良すぎて去りがたい気持ちです…!

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
★長野県青木村にてトーク・イベント
2019年11月16日(土)10:00~15:00
会場:ふるさと公園あおき
終了、ご参加ありがとうございました!

★島根県松江市にてトーク・イベント
2019年11月24日(日)14:00~16:00
会場:松江城内 興雲閣
詳細&ご予約はこちら絶景とファンタジーの島 アイルランドへ Talk plus Music
関連ブログ記事→こちら

★東京都内にてトーク・イベント
2020年1月12日(日)13:30~15:30
会場:土屋グループ銀座ショールーム
詳細&ご予約はこちら旅カルチャー講座 第17回 『絶景とファンタジーの島 アイルランドへ行こう!』
関連ブログ記事→こちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ