FC2ブログ

記事一覧

アイルランドでドライビング・レッスン

アイルランドで運転免許を取る!と決心し、プロビジョナル・ライセンスを所得してから早一年…。(2005年11月8日のブログをご参照下さい)
それから一体どうなったかというと、実はつい最近になって、やっとドライビング・レッスンを始めたところ。

日本にあるような自動車教習所のないアイルランド。
では一体どこで運転の練習をするかというと、いきなり路上で行います!

ドライビング・セオリー・テスト(運転常識テスト)に合格しプロビジョナル・ライセンス(仮免)を所得すると、「Learner=教習者」と言う立場となり、この時点で路上を走ることが出来ます。(助手席にフル免許所得者を乗せる、高速道路は走らない、などの条件付きですが)
プロビジョナル・ライセンスの有効期限は2年。その間に各自で運転の練習をし、本番の実地試験に合格すればフル・ライセンスが与えられるという仕組み。

どこで何十時間乗らなければならないという決まりもなく、自分が運転出来るようになり試験に合格しさえすればいいので、家族や友人から運転の仕方を教わってもいいし、プロのインストラクターをつけてレッスンを受けることも出来ます。
私の場合は後者。家の近くのドライビング・スクールに申し込むと、助手席にもブレーキの付いた教習用の特別な車でインストラクターが家まで来てくれます。(料金は1時間35ユーロ位がダブリンの相場)

先日、初めてのドライビング・レッスンを受けたのですが、

「2時間のレッスンの最後には、自分で運転して家に帰るんだよ」

とインストラクターの先生に言われ、びびりまくった私。
ハンドルを握るのはほとんど生まれて初めて、何がクラッチで何がブレーキなのかもわからないのに、2時間後には路上を運転するなんてそんなバカな…!

まずはフェニックス・パークへ連れて行ってもらい、そこで基礎練習。長々しい説明は一切なく、いきなり運転席に座らされて先生の言うとおりに操作すると、なんと車が動いてる~!
何がなんだかよくわからないままにギアチェンジもし、インディケーターも出して車を走らせていた私。初めはバラバラだった2本の手と足も、次第にかみ合ってきて、な~んだ運転ってこんなに楽しかったのね~とすっかりいい気分。
そして先生に言われたとおり、2時間後には自分で運転して無事に家に帰り着きました!

思えば、アイルランドで初めて乗馬をした時もそうだった。
馬の操り方と注意点を二言三言言われただけで、あとはインストラクターに必死でついて行き、30分後には大草原をパカパカ駆けていました。
アイリッシュ・ダンスも然り、見よう見まねでステップを踏んで、気がついたら踊れていました。

アイルランドでは、いろんなことが「いきなり本番」
慎重に基礎固めをしてから本番に臨むという日本のやり方とは大きく違う。
スポーツなどでも早いうちから試合経験をさせるそうですが、うまくやるよりも、まずは競技を楽しむことが重視されているのでしょう。

「初回でこんなに出来るようになっちゃったら、これから教えることがないね~」

と先生におだてられて、すっかり運転が好きになった私。
教える側の褒め上手もアイルランドの教授法なのか、おだてに弱い私には効き目バッチリ。
ひとりで路上に出る日を夢見て、楽しくレッスンを続けたいと思います~!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ