FC2ブログ

記事一覧

知った顔によく会う街、ダブリン

今日は終日、これから語学学校に通いながらダブリンに短期滞在されるという、女性おひとりの方をご案内。
街の見どころやお勧めのカフェやショップをご案内しつつ、携帯電話のSIMカードやLeapカード(ダブリン市内の公共交通機関のICカード)を準備したり、食料品や生活用品が買える店へ行ったり。街を歩きながら、今後のダブリン生活のためのガイダンスをさせていただきました。

ダブリンのシティセンターはとてもこじんまりしていて、こうして1日歩いていると、知った顔に次々出くわします。友人知人はもちろん、テレビで見慣れた著名人を見かけることも。
同じ首都とは言え、ダブリンとは比べものにならない大都会・東京からいらしたお客様にとって、この「村」感覚の気楽さがとても新鮮だったよう。いい街を留学先に選んだと、気に入ってくださいました。

テンプルバーのサタデー・マーケットでばったり会った友人が、コーヒーでも飲もうよ!と誘ってくれて、今後ダブリン暮らしのお仲間となるお客様と友達のワ!…なんてことも。(笑)
「世界一フレンドリーな国」と定評あるアイルランド。お客様にそれを実感していただけたような気がして、嬉しくなりました♪

indigocafe0419
ダブリンにようこそ!テンプルバーのインディゴ(Indigo & Cloth, Dublin 2)にて

スポンサーリンク

コメント

そうかー。

ガイドさんに新生活の案内をしてもらうというの、いいアイデアですね!
もう直ぐ出発する、語学留学先で、SIMカードの準備とクレジットカードからのキャッシングが今、ドキドキで、それから私の一番頭の痛いことです。
ダブリン暮らしのその方が良い成果を得られますように。

Re: そうかー。

そうですね、そういう実務的なことは街により事情も違いますし、ドキドキしたり、右往左往して時間をムダにすることを思えば、1日だけガイドを頼んで「どこでどうするのか」教えてもらってしまう方が安心な気がします。
ようはっぱさんも、実りある留学生活となりますように♪

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
島根県松江市にてトーク・イベント予定
2019年11~12月頃
→詳細は追ってお知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ