fc2ブログ

『ユリシーズ』に出てくる「カムデン・ストリートのデラハント」

以前から気になっていたカムデン・ストリートのバー・レストラン、デラハント(Delahunt, Camden Street, Dublin 2)へ行ってみました。
2015年にオープンしたお店ですが、建物は19世紀の文化財。ビクトリア時代の装飾がそこここに残されています。

delahunt0419
おしゃれなタール・ブルーの店構え。にぎやかなカムデン・ストリートでひっそりと存在感を放っています

delahunt04197
ビクトリア時代を彷彿とさせる、入り口ドアの足元のオリジナルのタイル

delahunt04192
間口が狭く、奥行きが長い店内。ピカピカに磨き上げられた、重厚感のあるマホガニー製のバーカウンターが素敵

開店以来、毎年、ミシュランのビブグルマン選定レストランに選ばれているという、知る人ぞ知るグルメ・レストラン。(ビブグルマンは、コストパフォーマンスの良いレストランに与えられる評価)
本格的なお料理はディナー・タイムの17時からですが、12~14時のカフェ・タイムに軽食メニューがあるので、今日はそれに合わせて行ってみました。

delahunt04194
フィッシュ・フィンガーのサンドイッチ。揚げた白身魚とレタスがふかふかのパンにはさんであるだけ…というシンプルなものですが、タルタルソースが素晴らしいのか、驚くほどに美味でした!付け合わせがチップス(太切りフライドポテト)ではなく、超極細の「シュー・ストリング・フライ(=靴紐サイズのフライドポテト)」というのもおしゃれ

delahunt04195
一緒に行ったお友達が注文したビーフ・シチュー。ひと口いただきましたが、お肉がやわらかくておいしかったです!

デザートは食べなくてもいいかな…と思っていたのですが、シンプルなものがこんなにおいしいのであれば、デザートも絶品に違いない!と思い、注文して大正解。ブラッディオレンジ(ブラッドオレンジ)のクレームブリュレを2人でシェアしたのですが、甘さ控えめの上品でさわやかなお味に感激。

delahunt04196
ブラッディオレンジのシャーベットがのせられています

ちなみにデラハントは、「カムデン・ストリートのデラハント」として、ジェームズ・ジョイスの『ユリシーズ』に登場するお店でもあります。主人公ブルームと妻が店内にいて、「ポルトワインとシェリー酒とキュラソー」、「大きな骨付きコールド・ミートとミンス・パイ」…などと描写されていることから、当時は食料雑貨屋だったよう。
近年はずっと別名のオフライセンス・ショップ(酒屋)でしたが、2015年、グルメ・レストランとしてオープンするにあたり、再び「デラハント」に。ジョイスゆかりの地、復活…と話題になりました。

そんな文学つながりも好みですし、雰囲気も食事もとても気に入ったので、次はぜひディナーに出かけたいと思います。

delahunt04193
壁の花の絵もビクトリア調でステキ

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演!
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ